ミサキミサキ

シンガポールのメガジップまでどうやって行くの?

ケンタケンタ

そうだね。メガジップまで歩いていこう。

ミサキミサキ

歩いて行くの?!海辺からバギーで連れて行ってもらおうよ。

ケンタケンタ

え?!バギーでも行けるの?


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

シンガポールメガジップ、迫力満点でワクワクしちゃいますね。
山の上から海へ一気にビュ~って滑走。

「でも、山の上にあるメガジップまではどうやって行くの?」

たしかにそうです。

なんといっても、スタート地点は山の上

なので、メガジップまでの行き方が色々あって悩んじゃいますね。
とはいっても、観光ルートや予算や疲労度合いなど、行き方を選ぶ基準はあなた次第。
メガジップの待ち時間も気になるとこですが、今回はシンガポールのメガジップまでの行き方に特化して情報をお届けします。

それでは一緒に参りましょう~。




シンガポールのメガジップまでの行き方

山の頂上にあるメガジップまでの行き方は、大きくわけて2つあるんです。

  • シロソビーチの受付で申込んでから、バギーで山の頂上に連れて行ってもらう。
  • メガジップがある山の頂上の受付へ直接行ってしまう。

では、それぞれご紹介していきますね。

シロソビーチの受付からバギーで連れて行ってもらう方法。

ミサキミサキ

シロソビーチって広いけど、受付はどこにあるの?

ご安心くださいね。
セントーサエクスプレスのビーチステーション(Beach Station)下車後、無料のビーチトラムに乗って「Mega Adventure」で下車しましょう!

(青い四角の場所です)

でも、ビーチステーションから徒歩で向かう行き方もアリ。(約7~8分)

Mega Adventureのバス停を降りて目の前に受付場所がありますよ。(^^)/

まずは、シロソビーチにある受付で、

  • 料金の支払い
  • 器具の取り付け
と、すべてを完了してバギーで連れて行ってもらうパターン。

1回につき5人をメガジップまで連れて行ってくれるバギー。

これが、もっともポピュラーな行き方かな。


メガジップを申込む人たちや遊び終わった人たちで、受付場所はいつもゴミゴミ混んでいます。

「メガジップに行くまで、どれくらいの時間がかかるのやら。(;’∀’)」

「うわぁ~、これは今日はやめておく?」

ってことが、よくある私。

なので、ちょくちょく諦めてしまう始末でした。

では、メリットとデメリットです。(^-^)

メリット

  • シロソビーチで遊んでいる流れで受付できる。
  • バギーで山頂まで連れて行ってもらえるので楽。

デメリット

  • 人がゴミゴミとしてて、混んでいることが多い。
  • バギー代が5ドルかかる。
  • バギーの台数が限られているので、混んでいるとメガジップに行くまで時間がかかる。

さぁ、次の方法はコチラ。

メガジップがある頂上の受付へ直接行ってしまう方法。

ミサキミサキ

頂上でも受付けできるなんて知らなかったよ。

(インビアルックアウトのバス停)

まずは、セントーサ島内の巡回バス(Bus1またはBus2)を利用して、インビアルックアウト(Imbiah Lookout)のバス停で降りましょう。

巡回バスは無料ですのでご安心を。(^^♪

コチラが、インビアルックアウトのバス停にある標識。
(Bus1)

Bus1は、10分単位でバスがやってきますよ。


(Bus2)

Bus2は15分単位

残念ながら、時刻表はないのでバスがいつ来るのかはわかりません…。汗
ちなみに、もしあなたがセントーサエクスプレスのインビア駅にいるならば、インビアルックアウトのバス停まで徒歩で行くのも1つの手段。(おおよそ10分程度ですよ)
巡回バスとのタイミングが合わなければ、徒歩で行ってしまった方が早いかも。(^_-)-☆
あなたのいる場所によって、インビアルックアウトのバス停までの行き方は様々ですね。

そして、インビアルックアウトのバス停から山の頂上(受付場所)までは徒歩で約7~8分

メガジップまでの案内看板がアチラコチラに。

これなら、徒歩で行っても迷うことがないはず。(#^^#)

コチラが、山の頂上の受付ですよ。

何しろ、シロソビーチの受付と違って人が少ないのでお得感があります。笑

では、メリットとデメリットです。(^-^)

メリット

  • 掛かる費用は、セントーサエクスプレスの料金(入島料)のみ。
  • インビアルックアウト駅から山頂まで、徒歩でしか見れない光景を楽しめる。(⇒これが意外におすすめ。)
  • 遊ぶ準備が出来たら、すぐにメガジップの建物へ行ける。(シロソビーチと違ってバギーを待つ時間が無いので)

デメリット

  • 山の頂上まで徒歩なので少し疲れることも。

ミサキミサキ

色々な行き方がありそうね。

ケンタケンタ

セントーサ島での過ごし方のスケジュールによって変わってきそうだね。

うんうん、そうなんですよね。
では、そんな私はどうやって行ったのでしょうか!?
「シンガポールに行ったら、メガジップは絶対にやるよ!」

というあなたに、おすすめな行き方を紹介しちゃいます。





シンガポールのメガジップ。私の行き方をご紹介。

私の行き方は「ケーブルカー+徒歩」なんです。( ^ω^ )

ミサキミサキ

え?ケーブルカーで?

ケンタケンタ

セントーサ島内のマーライオン駅からインビアルックアウト駅までをケーブルカー?

もしかして、あなたをちょっと混乱させてしまったらごめんなさい。

実は、セントーサ島に入島するときからケーブルカーを使ったんです。

シンガポールのメガジップへはケーブルカーで行きました。

こちらです~。

(じゃ~ん)

  1. MRTハーバーフロント駅からケーブルカーのハーバーフロント駅まで徒歩。
  2. ケーブルカーのセントーサ駅で下車。
  3. 徒歩で、ケーブルカーのインビアステーション駅とバス停を通過し、山の頂上へ向かう道へ。
  4. そのままトコトコ、トコトコと山の頂上へ向かう。

もともと、

  • メガジップは絶対にやる。
  • そのあとに、シロソビーチで遊ぶ。
と決めていたので、メガジップを使ってシロソビーチに向かったのでした。(^_-)-☆

では、メリットとデメリットです。(^-^)

メリット

  • ケーブルカーからの素敵な眺望を堪能できる。
  • 山の頂上までの徒歩での光景を楽しめる。
  • 効率良くシロソビーチまでたどり着くことができる。

デメリット

  • ケーブルカーの料金を払わなければならない。(でも、ケーブルカーもとってもおすすめ!)

  • もし、ケーブルカーを使って行く場合は楽天グループVoyaginお得な割引チケットを調達するのがオススメです。
    しかも、かなりの割引率!

    印刷不要なチケットをスマホから当日に買えちゃうのですよ。
    ケーブルカーを使っての行き方、結構オススメです。

    道中は熱帯雨林に囲まれて山登り気分。

    ミサキミサキ

    熱帯雨林に囲まれるって気持ち良さそう!

    何しろ、意外にも山の頂上までの道中が熱帯雨林の面影があり、素敵でしたよ~。(#^^#)

    メガジップまで道のりは、探検に行くような気分!笑

    周囲は、背の高い熱帯雨林に囲まれ、虫の音色も響いて少し涼しげ♪

    歩くのに「ゼーゼー」してしまうほどの急坂でもないし、ちょっとした山登り気分。

    道中に、誰も乗せていないバギーが下から来たんですね。

    (おそらく、山頂で受付けした人たちの荷物をシロソビーチの受付に持っていくため)

    そうしたら、
    「おい!乗っていくか!?」
    と、運転手に声を掛けられてしまいましたよ。

    (結局、乗らずに徒歩で登り切りました。笑)

    (さぁ、そろそろ頂上です。)


    (いよいよ、入口が見えました~!)

    森の中に秘密の村を見つけっちゃった気分。笑
    ということで、ちょっとマイナーな行き方かもしれないけど、私がメガジップで遊んだときの行き方でした~。
    それでは、最後にシンガポールのメガシップへの行き方をまとめてみました~。(*‘∀‘)

    Voyaginのメガジップ10%OFF割引クーポン

    楽天グループVoyaginではメガジップのチケットを10%OFFで入手できます。


    Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン

    楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを
    割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
    USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどの
    セットクーポン
    もあるのでうまく活用しちゃいましょう!!




    メガジップに限らず、
    シンガポールの観光スポットの割引クーポンをまとめた記事(現地写真のスライドショー付)を書いてみました。





    まとめ

    • メガシップへの行き方は大きく分けて2つ。
    • 1つ目は、シロソビーチにある受付からバギーで連れて行ってもらう方法。
    • 2つ目は、メガジップがある山の頂上へ直接行く方法。
    • それぞれメリット、デメリットがあるのであなたのセントーサ島でのスケジュールを吟味して行き方を決めましょう。
    • 山の頂上まで行く徒歩の道中の景色が素敵。

    いかがでしたでしょうか?

    シンガポールのメガジップへの行き方」について、あなたの参考になったら嬉しいです。
    その日の体調や観光スケジュール、ご予算や気分によってあなたなりの行き方をご検討されてくださいね。

    でも、勝手な主観ですが、

    • 山の頂上での受付の方が待ち時間が少ない可能性が高い。
    • あなたに、山の頂上までのを熱帯雨林を散策している気分で歩いて欲しい。
    • アトラクションの混雑状況を実際に確認できる。

    ということで、シロソビーチの受付より頂上で受付けする方を私はおすすめしちゃいます。

    それでは、シンガポールメガジップを思う存分、楽しんでくださいね!(*”▽”)

















    メガジップについては他にも記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄り頂けると嬉しいです。^^

    メガジップ待ち時間他のアトラクションに興味があるあなたはコチラの記事がピッタリ!)

    メガジップ料金情報が欲しいあなたはコチラの記事!)