ミサキミサキ

シンガポールで水陸両用バスに乗ってマリーナベイ周辺を周遊できるツアーがあるらしいよ!

ケンタケンタ

水陸両用バス!?
ってことは、陸路と水路の両方を走るんだよね!

ミサキミサキ

当り前じゃないの!
でも、どういうルートなのかなぁ?料金はいくらなんだろうね?

ケンタケンタ

そうだよね…せっかく行くなら情報仕入れておこうよ!
乗り場や所要時間などもね!


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

シンガポール水陸両用バス(マリーベイ付近の周遊ツアー)の情報をお探しでしょうか?

ミサキミサキ

はい!そうなんです!
でも、所要時間や料金、どんな景色が見れるのか?
など、もう少し色々な情報を集めたいんです。


うんうん!
シンガポール水陸両用バス…どんなもんか、たしかに何だかイメージできません…笑

ならば、実際に乗ってみるしかない!

と、早速、日本より涼しい(?)シンガポールの晴天の週末に体験してきました!

今回の記事を読めば、
一通り、水陸両用バス(ダックツアー)のことがわかるはずですよ~。^^

それでは、さっそく行ってみましょう!





シンガポールの水陸両用バス:ルートマップ

どどど~ん!


これが、シンガポールの水陸両用バスです。

車体はゴツイのに、
正面から見る「ダック」の顔に愛嬌がありますよね。^^

ちなみにですが、
今回はDuck&Hippoのダックツアー(サンテックシティ発)に乗車です。

水陸両用バスのルートマップ

ざっくりとしたルートは以下の通りです!


  • サンテックシティのダックツアーから出発!
  • まずは水路へ!
  • シンガポールフライヤーの隣から入水します。

水路

  1. ガーデンズバイザベイやマリーナベイサンズを眺めつつ、ヘリックスブリッジ(歩道橋)の下を通過。
  2. 右手に高級ホテル群とドリアンのような形をしたエスプラネードシアター。
  3. 湾内を逆時計廻りで回転しつつ、右手にマーライオンとフラトンホテルが登場!
  4. 更に、遠目にシンガポールを代表する高層ビル群の眺望。
  5. そして、右手に再びマリーナベイサンズ。(写真を撮ろう!)

その後、
水路から陸路へ移りますよ~。

陸路

  1. 一般道を通り、シンガポールナショナルミュージアム。
  2. 特徴的な形のJWマリオットホテルを横目に見ながら、サンテック方面へ。
  3. 車窓から遠目に、マリーナベイサンズの眺望。
  4. サンテックのファウンテン オブ ウェルス(富の泉)を通過。
  5. シンガポールの街並みを眺めならが、出発地点へ戻ります。

水陸両用バスの所要時間

ズバリ今回は、50分間でした!

  • 水路:約25分
  • 陸路:約25分

16:00出発の水陸両用バスで出発して、
16:50に出発地点に帰ってきました!

ミサキミサキ

ねぇねぇ。
水陸両用バスでは、どの辺の座席がオススメ?


ポイント:乗車座席は右側がオススメです!湾を周回時は逆時計回り(左へ旋回します)なので、1番右側に座っていると良い景色を見れるはず!

ここまで、
文字でのお伝えが多くなってしまったので、
ここから、
写真多めでいきますよ!

次に乗り場の情報に行きます~。^^

シンガポールの水陸両用バス:乗り場

ダックツアー水陸両用バスの乗り場はサンテックシティー。


MRTだと「Esplanade(エスプラネード)駅」が1番近いですね。

上の写真で青く囲んだ場所が、
受付け場所となってます。

(受付カウンター)

現地の受付けは、カウンターが2つのみ。

想像以上に小さくありませんでした?

ミサキミサキ

うん、小さくて見逃しそう。笑
どうやって行こうかな…。
…MRTにしよっと。
そうそう、エスプラネード駅では何番の地上出口に出ればいいのか知ってますか?


ポイント:MRTエスプラネード駅では地上出口「A」へ向かいましょう!地上を出てまっすぐ進めば受付に到着します!

ではでは、
水陸両用バスの料金についてご案内しますよ~



シンガポールの水陸両用バス:料金と出発時間

じゃん!


水陸両用バスの後ろ姿!笑

たくましい…というかカッコイイっす!

料金

  • 大人:43.00 SGD
  • 小人:33.00 SGD
  • 幼児:10.00 SGD

WasaBiWasaBi

ゴメンナサイ!
何歳から小人なのかを聞き忘れてしまいました!

受付のお兄さんから15:45にD1へ…と言われる

D1…この看板を見逃しました。


ミサキミサキ

ん?
どういうこと?


受付でチケットを入手すると、
(この日は、16:00出発の水陸両用バス)

15:45にD1へ。

と言われました。

WasaBiWasaBi

周辺には誰もいないのに、
D1って何だろう…
まぁ、乗車口かな。


くらいに思ってたんですね。

そしたら、
なんと、乗車前に事前に並ぶ場所だったのです。

ミサキミサキ

あっ!
もしかして、指定席ってないのね!


あたり!
そうなんです!

気が付いたら…

この状態…

ガーン!


WasaBiWasaBi

自由席だったのね…
これじゃ良い座席に座れないかも…(泣)


って、なったのです。笑

ポイント:チケットを入手したら、良い席を取るため早めに並ぼう!

ここで注意なのですが、いつもD1ではない可能性があります。
バスが2台で出発するときがあるので、並ぶ列が違う可能性があるので、受付のお兄さんに指示された列にならんでくださいね!

出発時間はコチラ!

  • 10:00
  • 11:00
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:00
  • 16:00
  • 17:00
  • 18:00

の1日あたり計9本!

では、水陸両用バスに乗り込みますよ!

シンガポールの水陸両用バス:バスの中

さぁ、いよいよ乗車です!


座席はシート張り

バスの座席はシート張り


50分間座っていても、
お尻が痛くなることはなく、快適でした。

シンガポールは、
プラスチックの冷たい椅子が多いので、、、。汗

運転席もゴツイ!

色々な計器があって、

普通のバスじゃない感が伝わってきます。笑

ケンタケンタ

ところで、
水陸両用バスの運転免許は、特別なものが必要なのかな?


う~ん…さすがにわからないです…(^^;)

タイヤもデカい!

ぜひ、タイヤを間近で見てください!

結構、デカいですよ!

さぁ、そろそろ出発です~。





シンガポールの水陸両用バス:車窓からの景色(水路)

ラッキーなことに、

右側の座席が空いてたんです!

しかも、1番前!

ポイント:座席は1番前の右側がオススメ!バスの構造上、前も横も見れます!1番良い座席と思います。

まずは、
水路へ。

街中は、
9月に開催されるF1の準備が始まっていました~。

上の写真のように、
街中にライト設備が準備されていたり…。

スタンドも!

ウウゥ~~ン!!


という、音が聞こえてきそうですよね!^^

川が見えてきました~

出発して5分ほどは陸路。


シンガポールフライヤーの隣に専用の入水場所があるんですね~。


目の前に川が出てきたぞ~

気分が盛り上がってきます!


そうそう!
シンガポールの水陸両用バスには、
ガイドさんが1名いらっしゃるんですね。

英語と中国語でガイドをしてくれます。

ガイドさんも、
川が近づいてくると、
ドンドンと車内の雰囲気を盛り上げてきます~。

さぁ、入ります!

ゴゴゴゴォ….



ざっぱ~ん!

おおぉぉ!



(;゚Д゚) !!


水で…

濡れました!

ポイント:前方の右側座席は入水時のスプラッシュで濡れる!

予想外…というか、予想以上に濡れました。笑

しかも、
川の水が、それなりに臭い!

  • 右腕
  • ズボン

  • ビシャビシャまでは行きませんが、まぁ濡れますので、注意です。笑

    ポイント:濡れるけど、それも含めて良い座席!(1番前の右側)

    水路がスタート

    いままで、
    陸路だったのに、いきなり水路。

    なんと便利なバス!

    初めての経験でした。笑

    シンガポールフライヤー

    水路で進むこと約3~4分、
    右手にシンガポールフライヤーが現れてきます。

    ヘリックスブリッジ

    特徴的なデザインをしたヘリックスブリッジの下を通過すると、
    いよいよ、マリーナの湾にでます。

    右手には、
    高級ホテル群。

    マーライオン

    湾の中から、
    マーライオンを眺めるって、
    なかなか珍しくて、悪くないですね。

    近くまでは接近できないけど…。

    こちらも右手です。

    高層ビル群

    シンガポールに来た!と思うひとつの光景。

    このビル群は、
    いつ見ても圧巻。

    マリーナベイサンズ

    やはり、これですね!
    マリーナベイサンズ!

    正面から…
    斜めから…
    真横から…

    WasaBiWasaBi

    あ~、こんな形してるんだ~


    って、改めてマジマジと見ちゃいました。

    ミサキミサキ

    やっぱり座席は右側?


    うんうん、上の写真ももちろん右側の座席からですよ!

    コンドミニアム

    シンガポールの街中でよく見かける一風変わったコンドミニアム。

    ポイント:座席は、絶対に右側がオススメ!

    さぁ、次に陸路の写真へ移っていきますよ~。^^





    シンガポールの水陸両用バス:車窓からの景色(陸路)

    さぁ、陸路です。
    ちなみに、上はシンガポールナショナルミュージアム

    陸路の良いところは、
    やっぱり、高い場所から街並みを眺めるられることかな!

    もちろん、
    色んなビューポイントはあるのですが、
    高い場所からボーッとシンガポールの街並みを眺めるのも良いもんですね。笑

    JWマリオットホテル

    一見、ホテルとは思えない形ですよね!

    マリーナベイサンズ

    遠目に、マリーナベイサンズ。

    マリーナベイサンズの手前では、
    ほのぼのとサッカーをしてる方々が。

    シンガポールの日常が垣間見える一場面でした。

    ファウンテン オブ ウェルス(富の泉)

    サンテックシティーある4つのビルに囲まれたファウンテン オブ ウェルス。

    もちろん、右側の座席からのしかこの角度は見れません!

    陸路は一般道

    面白いのが、
    水陸両用バスと言えども、
    一般道をガンガン走ります

    いや~、一般車は後ろから水陸両用バスが来たら、ちょっと焦るなぁ…。

    信号待ちです。

    隣はタクシー。
    一緒に赤信号待ち。笑

    マリーナマンダリンホテル

    この日は、シンガポールのナショナルデー(建国記念日)が近づいており、
    街中はシンガポールのお誕生日準備が進めれていました。

    各部屋に、
    シンガポールの国旗が掲げられていますね!

    さぁ、楽しかった水陸両用バスも終わりです。

    あっという間の50分間。

    出発場所に戻ってきて終わりです。

    そうそう!
    ダック号の前で、ガイドさんが記念写真を撮ってくれました!

    良い思い出になるはずですよ!

    それでは、シンガポールの水陸両用バス(ダックツアー)をまとめました~。

    Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン
    楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
    USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどのセットクーポンもあるのでうまく活用しちゃいましょう!!


    Voyaginのシンガポール観光割引クーポン
    楽天グループVoyaginではシンガポールの観光地やセントーサ島のアクティビティのチケットが割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。





    まとめ

    • 今回は、ダックツアーの水陸両用バス。
    • 最寄駅はMRT「エスプラネード駅」で、地上出口は「」。
    • 料金は大人44.00SGD、小人33.00SGD、幼児10.00SGD。
    • 出発時間は10:00、11:00と各1時間ごとに18:00出発まで。1日計9本。
    • 所要時間は約50分間(水路25分+陸路25分)
    • 座席は右側がオススメ!

    いかがでしたでしょうか?

    シンガポール水陸両用バス

    あなたの疑問や不安や知りたいことが少しでも解決できていたら嬉しいです。^^

    周遊する場所は、
    いかにも「シンガポールに来たなぁ~!」って思わせてくれる光景ばかり。

    マリーナエリア周辺を、一気に眺めてしまうのにとても最適な水陸両用バスだと感じました!

    私自身、改めて見る角度のシンガポールの光景にうわぁ~~!って改めて感動しましたよ~。

    それでは、シンガポール水陸両用バスに乗って、シンガポール観光を楽しんでくださいね!^^
    最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!m(__)m


    Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン
    楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
    USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどのセットクーポンもあるのでうまく活用しちゃいましょう!!


    Voyaginのシンガポール観光割引クーポン
    楽天グループVoyaginではシンガポールの観光地やセントーサ島のアクティビティのチケットが割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。