シンガポールの吉野家!現地化された丼メニューを食べてみた!

娘「ねぇ、パパ。吉野家って、牛丼屋さんだよね?」
私「もちろん、そうだよ。(^-^)」
娘「でも、牛丼じゃない料理を食べてるよ。」
私「牛丼じゃない?ほ、ほんとだ!(;’∀’)」

こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

シンガポール吉野家牛丼以外のメニューがあるってご存知でしたか?
シンガポールに関わらず、海外の吉野家は「それぞれの国の嗜好や風土・文化に合わせて独自にメニューを開発している」とのこと。

日本在住にお世話になった吉野家。
シンガポール向けに開発された吉野家メニューが、どのような変貌を遂げているのか?

…ちょっと気になりませんか?

ということで今回は、シンガポールで外回り営業中に吉野家を時々無性に食べたくなる私が、「現地化された吉野家メニュー」をご案内します。
それでは一緒に見ていきましょう!



シンガポールの吉野家の現地化メニューは全部で6種類(丼メニュー)

ドーン!

これが、シンガポール吉野家現地化メニュー。(^-^)

丼メニュー全部で6種類
メニューはローマ字で書いてあるけど、日本語メニューっぽくすると…。

  • KARAAGE DON(から揚げ丼) 8.90 SGD
  • YAKITORI DON(焼き鳥丼) 8.90 SGD
  • TORI KATSU DON(鳥カツ丼) 8.90 SGD
  • DOUBLE SALMON DON(ダブルサーモン丼) 9.50 SGD
  • OCEAN DON(海鮮丼) 9.50 SGD
  • HOKKAIDO SEAFOOD DON(北海道海鮮丼) 10.50 SGD

総じて「JANPANESE DON」とのこと。

日本丼??

早速、実食調査します~。

シンガポールの吉野家の現地化メニューを実食

吉野家の牛丼がシンガポールで、どのような現地化された丼になっているのか?

さっそく、気になる丼を食べてみました。

KARAAGE DON(からあげ丼)

店員さんに聞くと「から揚げ丼が吉野家の現地化メニューの1番人気」とのこと。(店員さんの主観かもしれませんが。汗)

提供されたからあげ丼には、からあげが5個も!

そして、素揚げされた色鮮やかな野菜
でも、注文してから料理の提供までに結構待ったんですよね…およそ7分間くらい。
オーダー入ってから、鶏肉を揚げているのでしょう。
食べたから揚げは、やはり揚げたてでホヤホヤ!
Wasa-BiWasa-Bi

ん?
でも、味が薄い…。

なんというか…ジューシーさを感じない…淡泊なのです。。
甘い醤油タレが掛かっているのですが、とにかく薄い

野菜も油通しのみ。

からあげと野菜とご飯がマッチングしていないのですね。

それぞれをバラバラに食べている感じ。
Wasa-BiWasa-Bi

どうやって食べるのが1番なのか?

悩んでいると、隣のシンガポーリアンが、からあげ丼を食べているではないですか。

(こんな食べ方をしてました)

  1. まず、からあげを別皿に取り分ける。
  2. そのあと、ご飯と野菜をスプーンでコネコネ混ぜる。

(ということで、私もチャレンジ)

たいぶ雰囲気が変わりましたでしょう?(^^;)

しかし、混ぜてもそもそも味が薄いせいか、インパクトの無い味で…微妙!
から揚げ自体がもう少しジューシーだといいな。(;’∀’)

HOKKAIDO SEAFOOD DON(北海道海鮮丼)

現地化メニューで唯一の生もの系丼

料理名に「北海道」とあるけれど、北海道から届いた海鮮モノか?はわかりません。(>_<)

注文して待つこと約4分

ご飯の上には、魚のフレークが敷き詰められています。
ちなみに…白いのはサバでオレンジはサーモン!とのこと。
でもしかし、サバもサーモンも塩味が強すぎ。(^_^;)
卵焼きのほのかな甘みに助けられます。

(食べ方を悩み、また混ぜてみました)

とびっこサーモンが混ざり美味しそうでしょう?(^-^)

塩味がだいぶまろやかになり、混ぜて正解でした。
いや…もともと混ぜて食べるのが前提の丼では?!

塩味が欲しくなったときにはリピートするかも。

OCEAN DON(海鮮丼)

Wasa-BiWasa-Bi

OCEAN DONって、訳すると海鮮丼ってことだよね?

そうに違いありません…。

しかし、不思議なことにお気づきでしょうか?

そうなんです…海鮮丼といってもフライ(揚げ物)なのです。

さすが、現地化されていますね。

そして、待つこと…たったの2分

おそらく、フライはすでに揚げていたのでしょう。

Wasa-BiWasa-Bi

でも、エビフライはサクサク!

揚げたてでなくても、衣はサクサク

しかも、エビがそこそこ大きくて、食べごたえ十分
しかも、エビフライ3本!

(もう1つの揚げ物は何だろう?)

Wasa-BiWasa-Bi

これは…北海道海鮮丼のサーモンフレークを固めて揚げているのか?

少々安っぽい味ですが、逆に日本では食べられない吉野家の味!
だけど、今回はフライ物とご飯を混ぜて食べることができません
ボリューム満点なフライ物を別皿によけてフライ定食として食べるのがよいかも。

個人的にはブルドックソースが欲しい!

CHAR CIEW DON(チャーシュー丼)

焼豚(チャーシュー)シリーズの現地化メニュー!(チャーシュー麺も!)

これは…美味しかったです!

でも、期間限定だったのか?現時点では販売しておらず…。

あまりにも気に入った丼だったので、ぜひ紹介させてくださいね!

メニューを見た時ときターゲットは日本人に違いない!と勝手に思ったほど。

Wasa-BiWasa-Bi

しかも、ポークがスペイン産!

それでは、吉野家がシンガポールで作るCHAR CIEW DON(チャーシュー丼)を食べちゃいますよ!

(ど~ん!)

美味しそうじゃありませんか?

しかも、チャーシューは外側を香ばしく焼かれている状態。
こんなにしっかりとチャーシューが出てくるとは思っていませんでしたので、ある意味サプライズ!
更に、スライスされたチャーシュの下には、チャーシューブロックゴロゴロと隠れているではないですか!
Wasa-BiWasa-Bi

これは、ビールが飲みたくなる丼だなぁ

そう思わせるメニュー。笑
タレは少なめだけど甘めに仕上げられて、チャーシューとの相性はピッタリ
なにしろ、ご飯と一緒にパクパクと頬張るれるのがいいですね。

肉系の丼物が食べたい!

というときにのために、復活待ってます!
とうことでリピートは有り吉野家チャーシュー丼です。



吉野家の現地化されたメニューは人気なの?

周囲を見渡してみると「JAPANESE DON」を召し上がってる方が多い

しかも、なんと驚くことに、牛丼3割:JAPANESE DON7割くらいの割合。
地元の方々には牛丼より人気のようです。
店員さんに人気メニューを聞くとから揚げ丼ダブルサーモン丼とのこと。

しかも絶対オススメ!と強く勧められました。笑

牛丼が1番人気」と思っていたのに。(;゚Д゚)

まさか、からあげ丼ダブルサーモン丼が人気商品だったとは。笑

それでは、最後にまとめました~。(*^-^*)





まとめ

  • 現地化された丼メニューは6種類チャーシュー丼
  • 人気メニューは、からあげ丼ダブルサーモン丼
  • お客様の7割くらいが現地化されたメニューを食べている。
  • チャーシュー丼はオススメです!

いかがでしたでしょうか?

シンガポール吉野家現地化メニュー

でも、私はやっぱり「牛丼をオーダーしたい…。」笑

そうそう!
シンガポール吉野家は、日本と違うところがまだまだありましたよ!


シンガポール吉野家現地化メニュー

話のネタに一度、食べてみるのもありかも。

それでは、シンガポールでの食事の時間をたっぷり楽しんでくださいね。(^-^)