「シンガポールに吉野家ってあるの?」

「直営店って、日本と何が違うの?」

こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

あなたも日本で、きっとお世話なったことがある吉野家
マコトマコト

シンガポールの吉野家も、カウンターにオレンジ色の丸椅子なのかな?

シンガポールで吉野家がどのような姿に変貌しているのか…つい覗いてみたくなりませんか?
そして、安くて・早くて・うまい

この三拍子が揃っているのか?
今回は、日本の吉野家の味に飢えている私が、シンガポールの吉野家の直営店をご案内します。

それでは、一緒に入店してみましょう~!





シンガポールの吉野家がオシャレカフェ風に!

なんと、シンガポールの吉野家の直営店がオシャレカフェ風へと変貌を遂げていたのです!

WasaBiWasaBi

あれ?
このお店は吉野家?

と、通り過ぎてしまったくらい。
通り過ぎたとき、チラッと見えた吉野家をカフェだと勘違いしまったのですね。笑

(店内です)

マコトマコト

お店の中も吉野家っぽくないね。

牛丼一筋の吉野家とは思えません。笑

メニューは、定番の牛丼メニュー以外に、コーヒーやソフトドリンクの飲み放題までもあります。
ランチやディナー以外の時間帯も、お客様に滞在してもらえるようなカフェ風吉野家

座り心地の良い椅子と丸テーブル

座り心地が良いんですよ~、この椅子。(^_-)-☆

これは日本から輸入したきたのかな?

シンガポールの飲食店では、このような肘付きで布張りの椅子となかなか遭遇しないんです。
なので、座り心地が良くてついつい長居をしちゃいそう。

別の座席にも男性のお客様が1人。
コーヒーを飲みながら本を読んでいらっしゃいましたよ。

ケーキもあります。

  • 北海道ミルクミルクレープ
  • 北海道キャラメルミルクレープ
  • 北海道チョコレートミルクレープ
  • 北海道ストロベリーミルクレープ

なぜか、北海道推し!

ケーキは、1個=4.50SGD。
吉野家でケーキが売っているなんて、驚きですよね。

お子様メニューがあります。

アイアイ

お子様用のセットがあるなら家族でも入れますね。

ちなみみに、価格は10.00SGD。

この日は週末のランチ時間に行ったのですが、ご老人や赤ちゃん連れのご家族、おひとり様。

そして、シンガポーリアンから日本人。

様々なお客様がいらっしゃってましたね~。(*^-^*)

WasaBiWasaBi

老若男女、家族連れから会社員まで、全方位型の直営店だったとは…。

お店のコンセプト作りに感心しました!

しかし、やはり気になるのは外観や雰囲気以上に牛丼

安くて・早くて・うまいのか?

それでは、まず安いのか?
価格について一緒に見ていきましょう。





シンガポールの吉野家の牛丼はいくら?

並盛り 6.50SGD。

大盛り 8.00SGD。
WasaBiWasaBi

日本の価格に比べては高いけど、想像していた以上に良心的な価格だなぁ。

個人的にはそう感じた第一印象。(お子様メニューよりも安いし)
実は「並盛り1杯=10.00SGD(=約800円)以上はするかな」と予想してたのです、私。
日本円で5~600円で吉野家を食べることができるとは…日本食に飢えている私としてはありがたいです。

しかも…

WasaBiWasaBi

日本では別料金の味噌汁が最初から付いてるではないですか!

と、感動。笑

ありがとうございます、吉野家。泣

もちろん、紅生姜は無料で取り放題。

ご覧の通り、取り放題です!

少し不便ですが、紅生姜や割箸などは、日本と違って特定の場所に全てが集まっています

紅生姜のほかに何故か、塩・胡椒・わさびも発見!
おもしろいですね、シンガポールの吉野家。

味噌汁も付いてくる牛丼。
主観ですが、価格は合格。

それでは…牛丼にとって重要な提供スピード

牛丼は早く出てくるのか?一緒に見てみましょう。





シンガポールの吉野家の牛丼提供スピード

この日の待ち時間は、オーダー後2~3分くらい

もちろん、お店の混み具合にもよるとは思いますが、10分…15分…と待ちぼうけをくらうことはありませんでしたよ。

マコトマコト

注文の仕方で何か違うことはあった?

はい、それが多々ありましたよ!

とても効率的だなと感じたことが。

(こんな違いがありました)

  • オーダーする場所と、牛丼を受け取る場所が違う。
  • 番号札のレシートでお客様のオーダー管理。
  • 出来上がったら、テレビ画面に番号が表示される。
  • なぜか、店員さんが番号を読み上げてくれるときがある。

特に驚いたのが、日本の吉野家では見たことない番号札方式

(その流れはコチラ!)

  1. お会計のレジでレシート兼番号札を受け取ります。
  2. その番号がテレビ画面に表示されると、料理が出来上がった合図。
  3. 自ら受け取り口に取りに行きます。

吉野家に限らず、日本ではこの方式を使っている飲食店はなかなか見当たらないですよね。

結構、便利だなって感じました。

でも、もっともに気になるのは牛丼の味

マコトマコト

安くても早くても、味がまずかったら満足度はガッカリだよ。

そうですよね。
それでは次に、肝心な牛丼の味についてお伝えしますよ!



シンガポールの吉野家の牛丼の味


来ました!ぎ ゅ う ど ん!ドド~ン

パクパク

(感想です)
少し、味付けが薄いかな。
でも、牛肉の質は一緒だ!
ご飯と牛肉は、しっかりとマッチングしてる。

WasaBiWasaBi

ということで「うまい」私の舌と脳は判断しました。

なんと言っても基本的には、味がほぼ一緒!

日本で食べ慣れていた食事の味が一緒って重要なのです。(^^)

私の大好物「わさび」1つを取っても「ん?なにかが違う」っていうこともあり、日本で食べていた日本食がふと恋しくなります。笑

WasaBiWasaBi

なので、日本と吉野家の味がほぼ一緒っていうことは素晴らしい価値です。

牛丼をおかわりしてしまったこともあるくらいでしたよ。(;゚Д゚)

そうそう!最近、味噌汁がわかめスープに変ってました

え…私の大好きな味噌汁が…。

単品では購入できるんですよ、味噌汁。

残念…とおもいきや、このわかめスープ、なにげにうまい!

海藻の海の香りが鼻孔を突く感じ。

お気に入りのスープとなりました~。^-^

それでは、最後にまとめました。





まとめ

  • シンガポールの直営店吉野家はカフェ風店舗
  • 昼間は喫茶店代わりにも使えるくらいオシャレ。
  • 座り心地良い家具もあります。
  • 日本に比べたら高いけど、意外にも良心的な価格設定
  • 提供時間は10分、15分と待ちぼうけすることはなかった。
  • 基本的な味は日本とほぼ一緒
  • でも、ちょっと味が薄い。
  • お子様メニューもあります。(牛丼より高い…)

いかがでしょうでしょうか?

日本の吉野家が、シンガポールで現地化されている姿。

案外、日本でもウケる店舗づくりなのでは?と個人的には思いました。

WasaBiWasaBi

できれば同じ店舗を日本でも作って欲しい。

と、ひそかに願っています。

そうそう!

牛丼メニュー以外に、現地化されている吉野家メニューも存在。笑

(コチラです!)

ジャパニーズ丼と称して6種類のメニューが!

(ジャパニーズ丼についても、今度記事にしようと考えてます!)

シンガポール吉野家

旅行中に日本の味が恋しくなったとき用として、頭の片隅にでも覚えておいてくださいね!










シンガポールについては、いろいろな記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄りいただけると嬉しいです。(^-^)

(米朝会談が行われたカペラホテルに興味があるあなたはコチラ!

(シンガポールにあるユニバーサルスタジオミニオングッズに興味があるあなたへはコチラ!

(世界でもトップクラスのチャンギ空港!完成した新しいターミナル4に興味あるあなたはコチラ!

(物価が高い!と言われるシンガポールの物価に興味あるあなたはコチラ!

セントーサ島ホテルをお探しのあなたはコチラ!