「日本よりシンガポールの缶ビールって高いの?」

「日本とシンガポールでは牛乳はどっちが高いの?」

こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

日本シンガポール物価の違い、気になりませんか?
生活するにも、旅行するにも物価はとても重要ですよね。

私自身…シンガポールに転勤する前に、

「シンガポールは物価が高い」

と、耳にタコができるくらい聞かされてきました。
でも、何が?いくらなのか?…具体的にわからない…

ということで今回は、そんな同じ気持ちを持っていらっしゃるあなたの疑問を解決するために…シンガポールの物価情報~飲み物編~を現地からお届けいたします!
それでは、あなたをシンガポールの飲み物売場へお連れしま~す。(^-^)

※価格は売っているスーパーや時期によっても異なることもございますので、ご参考としてご覧ください。m(__)m





日本で物価調査~飲み物編~

さっそく、日本シンガポール物価を比較していきましょう!

日本の銘柄の缶ビール(350ml)

  • キリン一番搾り 3.95 SGD
  • アサヒスーパードライ 4.00 SGD
マコトマコト

え…1ドルを80円としても…。
…320円くらい!?

シンガポールにもあります!

日本ブランドの缶ビール…でも、高いですね!
(;゚Д゚)!!
日本だと1本あたり150円だったかなぁ…。

日本のコンビニと比較しても、やっぱり高い。笑

シンガポールのタイガービール(瓶・663ml)

  • タイガービール(瓶・663ml)5.80SD
シンガポールのNO.1ビールのタイガービール
地元銘柄のビールでも、日本の瓶ビールに比べて高いですよね。
マコトマコト

はい…もうビールはいいです。汗
実はビールよりも焼酎の方が好きなんです。

調べてきました!

焼酎「いいちこ」(720ml)

  • 焼酎「いいちこ」(750ml)45.50 SGD
マコトマコト

いいちこが…。
3,000円以上!?

シンガポールでは日本と比較して高くて、高級品。
シンガポールに転勤して、確実に焼酎を飲む量が減りました。(ほとんど飲んでません)

ウイスキー「山崎」 

  • ウイスキー 山崎 シングルモルト 193.00 SGD

(;゚Д゚)!!

(;゚Д゚)!!

はい!

日本のビジネスホテル泊まれます。
インターネットで、ちょっと調べて見ました。

どうやら、アルコール度数によって、課税される税金の%が違うため。

ビールと比較してアルコール度数の高い焼酎や日本酒が、さらに高くなる訳ですね。

牛乳

  • 牛乳(2L) 5.55 SGD
1L換算で約220円くらいでしょうか。
日本のちょっと高めの牛乳くらいかな?!
meijiブランドですが、made in オーストラリア

シンガポールに住みながら、オーストラリアの牛乳を、日本ブランドで飲む。
とても不思議な感じです。笑

あ、ちなみに牛乳は、このようなボトルの入れ物が一般的です。

2Lで、ペットボトルのキャップ式。

日本のような紙パック入りの牛乳はあまり見かけませんね。

ミネラルウォーター(500ml)

  • 1本(500ml)0.80 SGD
マコトマコト

これは安いね!

そうなんです、日本と比較して安いです。(^-^)
しかも、1.5Lでも0.80SGDで売っていることもあります。

フルーツジュース

  • フルーツジュース(1L)2.75 SGD
日本のフルーツジュース物価に比べて少し高いでしょうか。

でも、なんと果汁100%なんです。

さすが熱帯のシンガポール
フルーツジュースのクオリティーは高いです。
そして、商品のラインナップも豊富。(^-^)
  • グァバ
  • マンゴー
  • パイナップル
  • キャロット
  • ミックスジュース

  • 日本では見かけない、物珍しい種類もいっぱいありました!

    他のソフトドリンク

    じゃん!(日本円でいきます!)

  • ファンタ(1.5L) 約160円
  • コーラ(1.5L) 約160円
  • レッドブル(245ml) 約196円
  • 綾鷹(500ml) 約100円
  • ポカリスエット(1.5L) 約240円

  • ポカリスエット以外は、そんなに高い印象はありませんね。

    ちなみに、ファンタは日本では見かけない種類がたくさん。

    キウイ、ライチ、ストロベリー…熱帯っぽいイメージのフルーツ味ですね。

    それでは、次に我が家の飲み物の出費を調べてみました!





    日本とシンガポールの物価比較~我が家の飲み物代(1ヶ月)編~

    とある1ヶ月

    いったい我が家は1ヶ月の飲み物代にいくら使っているのか?調べてみました。

    • ミネラルウォーター 23本(1.5L) 約1,472円
    • 牛乳 3本 約1,332円
    • 缶ビール 8本 約2,560円
    • 瓶ビール 4本 約1,856円

    合計 約7,220円

    …アルコール減らします。

    それでは最後に「日本シンガポール物価比較飲み物編~」をまとめてみました。


    Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン

    楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
    USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどのセットクーポンもあるのでうまく活用しちゃいましょう!!


    Voyaginのシンガポール観光割引クーポン

    楽天グループVoyaginではシンガポールの観光地やセントーサ島のアクティビティのチケットが割引率良く入手できます。

    印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。





    まとめ

    • 日本に比べてアルコール飲料の物価の高い。
    • アルコール度数が高いアルコールほど値段が高くなる。
    • 牛乳は日本よりちょっと高め。
    • 焼酎は、高い出費を覚悟。
    • アルコール以外の飲み物は、ほぼ日本と一緒。
    • フルーツジュースのクオリティーが高い。

    いかがでしたでしょうか?

    アルコールの物価の高さには、正直驚きですよね。(-_-;)
    アルコールの物価に目を丸くしてしまった私は、自宅でのアルコール摂取量が確実に減っています。(^_^;)⇒さらに減らす予定。

    アルコールの代わりに、クオリティーの高いフルーツジュースに切り替えていく。

    そのような健康管理を半強制的にできるシンガポールかもしれません。笑
    それでは日本シンガポールの飲み物の物価の違いを、現地で是非、発掘してみてください。

    色んな違いがもっと見つかるかもしれませんね!


















    シンガポールについては、いろいろな記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄りいただけると嬉しいです。(^-^)

    (米朝会談が行われたカペラホテルに興味があるあなたはコチラ!

    (シンガポールにあるユニバーサルスタジオミニオングッズに興味があるあなたへはコチラ!

    (世界でもトップクラスのチャンギ空港!完成した新しいターミナル4に興味があるあなたはコチラ!

    (キレイなフードコートをお探しのあなたはコチラ!

    (米朝会談があったセントーサ島ホテルに興味があるあなたはコチラ!



    コメントを残す