「海外出張だけど、ローカル料理は苦手。」

「シンガポールに転勤になるけど、日系ファミレスはあるのかな?」

そんな不安や気持ちを持っているあなたは必見

こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

ココ、シンガポールでも日本を代表する日式イタリアン「サイゼリヤ」があるんです。

シンガポールに住んで、常に日本食に飢えている私にとっても救世主なレストラン。

はたして、シンガポールのサイゼリヤはいかがなものか?!

ということで今回は、シンガポールにある「サイゼリヤ」の雰囲気食事した感想について、私の雑感を交えながらお伝えします。(^-^)






サイゼリヤをシンガポールで発見。私が驚いたこと5つ。

シンガポールに住んでると、時折り飢えるんですよ…日本のレストランチェーンの味や雰囲気に。
ミサキミサキ

シンガポールに来てまで日本と同じじゃつまんないよ。

ケンタケンタ

だよね、せっかくの海外だし。

まさにそうです!

でも、シンガポールでのサイゼリヤの存在は、日本のレストランの味が恋しくなったときに貴重なんです。泣

では、いきます!

1.店内が日本にソックリ。そして椅子のクッションに感動。

WasaBiWasaBi

おぉ!ここは日本か!?

レストランの店内は日本のサイゼリヤとほぼ一緒。

  • 適度に区切られた座席
  • ボックスシート
  • クッション性あるソファ

WasaBiWasaBi

はぁぁ…(吐息)。
居心地がいいわぁ~。

なんでしょう…実家に帰ってきたような居心地の良さは。笑
シンガポールに住んでから、レストランやカフェでクッション性ある椅子やソファをになかなか出会ってなくて。
座面に背面にクッション性あるソファって、あらためて「快適なんだなぁ~」って勝手に感動しちゃいました。笑

(日本にいるようです)

机と椅子、そして呼び出し音も日本と同じようですね。

ほんと、懐かしい…。(#^.^#)

そうそう!

日本で働いていたとき、仲間とサイゼリヤでファミレス飲みしたのを思い出しちゃいますね。
ミサキミサキ

ビールやワインもあるの?

さっそく、メニューのページをめくると…。

2.ビールがタイガービール!ハウスワインの値段は?

WasaBiWasaBi

おぉ!サイゼリヤのメニューとタイガービールがコラボしてる。

日本同様にキリンの一番搾りか?と想像してたら、タイガービールだったとは。

ここは地元のビールなんですね。笑
貴重なコラボ場面です。(^_-)-☆

気になる価格は1本=4.90SD

だけど、街中にあるレストランに比べてとても良心的な価格
だけど、ハウスワインは1杯=3.90SDと日本に比べてちょっと高め。

まぁ、ここはアルコールの高いシンガポールですからしょうがないところですね。

と、そそくさとに食事メニューへ目を落とすと…。

3.ほぼ日本と変わらないメニュー。でも気になるお値段は?

WasaBiWasaBi

おぉ!懐かしいマルゲリータピザ。

日本ではたしか399円くらいだったかな。

しかし、シンガポールは7.90SD。

1SD=80円で計算すると約630円…約1.6倍の価格ね。汗
ミサキミサキ

高いよぉ~。

ケンタケンタ

驚いたね、この価格。

まぁ、日本のサイゼリヤと比べてしまったら高いので…お許しください。笑

でも我が家では、この価格で懐かしい日本の味を食べられるのでとても重宝してます。

ありがとう!サイゼリヤ!

(パスタはどうだろう?)

ミサキミサキ

あれ?これはほとんど日本と同じなんだね。

確かにそうですね。

カルボナーラが5.90SD。(1SD=80円計算で、約470円)
料理によっては、ほぼ同じくらいのもあるんですね。
ケンタケンタ

ん?でも、日本で見かける半熟卵が乗ってないのかな?

あ!ほんとだ。

その分、安いのかな?!

そして、日本のファミレスには欠かせないドリンク〇〇〇〇ももちろん健在でしたよ~。

4.ファミレスには欠かせないドリンク飲み放題がある

WasaBiWasaBi

おぉ!この光景、まさしく日本のファミレスだね。

やはり、コレは外せませんね。
時間を潰すのにも最高なドリンクバー
でも、温かいコーヒーが苦くてあまり美味しくなかった…。

(ん?これは?)

WasaBiWasaBi

MILOだ!

コーヒーを飲むよりも、MILOを2杯飲みました…。汗

そして、日本では見かけない表示が料理に。

5.メニューには牛さんや豚さんのマーク

WasaBiWasaBi

おぉ!。さすが多民族国家のシンガポールにあるサイゼリヤ。

メニューによっては、牛や豚のマーク
宗教上の理由で口にできない方もいらっしゃるのでわかりやすくマークが表記されています。
こういう案は、これからもっと外国人観光客が増えてくる日本のレストランで活用しても良さそうですね!
実はさらに、驚きが!
なんと、サイゼリヤのメニューに日本では見かけないローカルメニューがあるんです!

次に、5つほどローカルメニューをご紹介しますよ!(きっと、驚いちゃう!?)





サイゼリヤのシンガポール現地化メニュー7撰

シンガポールサイゼリヤのメニューは見てて飽きません!

なぜなら、日本で見かけない料理がチラホラ…。

ということで、早速ご紹介しちゃいます!

1.イカの姿焼き

6.90 SGD

個人的には嬉しい1品。
ビールのツマミには最高ですね!

日本に住んでいたころ、サイゼリヤでちょい飲みして帰ったことを思い出します。

2.サーモンピザ

7.90 SGD

ある意味、シーフードピザの一種?
サーモンがベロ~ンと乗ってるのがインパクトありますね。

個人的には、サーモンを細切れにして、ピザの上に散りばめてもらいたいです。(+_+)

3.サーモンドリア

5.90 SGD

また、サーモン!

ドリアにサーモンって合うのかな…?

4.牛モツ煮

5.90 SGD

モツ煮…と言ってよいのでしょうか?汗

ソースは、にんにくの効いたトマトソースっぽいですね。

5.ドリアンピザ

7.90 SGD

(;゚Д゚) !!
ピザに…ドリアン!

今度、チャレンジして記事書きます。(◎_◎;)

6.ツナサラダ

4.90 SGD

生野菜を比較的安くモリモリ食べられるので重宝してます。
サイゼリヤへ行くと、最近はほぼ単品でオーダー。
ツナも脂が乗ってて美味しいですよ。

7.ほうれん草とベーコンのソテー

2.90 SGD

今回は、ちょっと水っぽかったなぁ~。
ほうれん草の味というより、水っぽさが勝っちゃってた。
次回に期待です!


ということで今回は、無難にミラノ風ドリアをオーダー!

はたしてミラノ風ドリアはどうだってでしょうか?





シンガポールのサイゼリヤでミラノ風ドリアを食べた

WasaBiWasaBi

うん!
ほとんど味、同じだわ~。

・・・遠い昔の記憶を呼び戻しつつも「うん、やっぱりほとんど同じ」
多少、日本で食べていたミラノ風ドリアの味を忘れかけているのもありますが。汗

(まぜまぜ~)

ミサキミサキ

混ぜた感じも日本と一緒だね。

でも…でもね「量が多い」んです。笑

なんと、日本より確実に量が1.2倍くらい多いんですよね。

サクッ!って食べ切れない…。

「あれ?まだある。こんなにあったっけ?」

とにかく量が多めのミラノ風ドリア。
ケンタケンタ

ねぇ、ランチセットもあるのかな?

もちろん、ありましたよ~。

ドリンクバーとサラダ付ランチセットで6.90SD

シンガポールに住んでると、断然お得に感じちゃう。

(ランチセットのサラダ)

ミサキミサキ

器まで一緒の柄だ~。

徹底的に日本にあるサイゼリヤをそのまま輸入しているように伝わってきました!

ということで、まとめてみました~。





まとめ

今回は暑いシンガポールで外回り営業中に、ランチタイムに入店したサイゼリヤ。

  • 店内の雰囲気や備品などはほとんど日本と同じ。
  • 料金は日本の約1.5倍くらい
  • ミラノ風ドリアの味はほとんど一緒。
  • 日系ファミレスに飢えている場合は最適なレストラン。

いかがでしたでしょうか?

少しでもあなたにご参考になったら嬉しいです。
そして最後に、驚いたことがもう1つ。
お客層として、シンガポールの方々が本当に多かったのです。
日本のファミレスをシンガポールにそのまま持ち込んで、現地の方に盛況!

日本人として嬉しいですね~
異国の地で日式ファミレスを浸透させていくサイゼリヤのパッションが伝わってきたランチタイムでしたよ。









シンガポールについては、いろいろな記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄りいただけると嬉しいです。(^-^)

(米朝会談が行われたカペラホテルに興味があるあなたはコチラ!

(シンガポールにあるユニバーサルスタジオミニオングッズに興味があるあなたへはコチラ!

(世界でもトップクラスのチャンギ空港!完成した新しいターミナル4に興味あるあなたはコチラ!

(物価が高い!と言われるシンガポールの物価に興味あるあなたはコチラ!

セントーサ島ホテルをお探しのあなたはコチラ!