ミサキミサキ

シャングリラセントーサの朝食、種類が多くて迷っちゃうよ~。

ケンタケンタ

厳選して2~3品くらい持って来てよ。

ミサキミサキ

え!?私が?
迷っちゃうよ~。

ケンタケンタ

ついでに、ドリンクとフルーツもお願いね!


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

シャングリララサセントーサ朝食ビュッフェにどんな料理があるか気になりませんか!?

シャングリララサセントーサ朝食ビュッフェは料理の品数はとても豊富!

アメリカン・イングリッシュブレックファーストから、サラダにドリンク。
WasaBiWasaBi

料理の品数が多いから、どれを食べようか迷っちゃいました。
しかも、ゆっくりと朝食を取るならば2時間くらい欲しいな。

それくらい品数豊富でゆっくり過ごすことをオススメする朝食ビュッフェです。
ミサキミサキ

シャングリラの朝食はゆっくり過ごすことに決めた!
お腹空かせて朝食行くよ!…で、どんな料理があるの??

ということで今回は…
シャングリラセントーサの朝食ビュッフェを食べてきた私が10品を勝手に厳選!

写真を多めにして、あなたへ情報をお届けします。

それでは、一緒に見ていきましょう~。




シャングリララサセントーサの朝食ビュッフェ!厳選10品はコレ。

なんといっても、シャングリララサセントーサの朝食ビュッフェは全種類食べきれないほどの充実さ。

迷ってしまって当然ですよ~。(^_-)-☆

エッグマフィンの上に目玉焼きとサーモン刺身を乗せたオランデーズソース掛け


WasaBiWasaBi

名前が長い…。

ミサキミサキ

つまり、ベネディクトってことでしょ??

…そうです。(;゚Д゚)

だけど、このベネディクト…なんと、サーモンの刺身が乗っているのです。
しかも、タップリですよ。(^-^)

そしてこのベネディクト、出来上がった料理が陳列されてないんですね。

なんと、オーダーするごとに目の前でシェフが手作り。
ケンタケンタ

シェフが目の前で作ってくれるなんてプレミア感があるね。

味は見た目に比べて、濃厚ではなく爽やかで軽め。
さらに、目玉焼きは半熟の黄身。

鉄板メニューですよ~。

ベーコン(クリスピータイプ)


WasaBiWasaBi

カリカリなのに、肉のウマ味を味わえる。
これはイチ押し!

やはり、ホテルの朝食ビュッフェではベーコンは欠かせません。

シャングリララサセントーサのベーコンは「柔らかめ」「カリカリめ」の2種類。
ミサキミサキ

2種類のベーコンに分かれてるのね。
どっちが好みだったの?

私のオススメはカリカリなクリスピーベーコン!
ベーコンを折り畳んで一気に口に放り込むと、カリカリな食感としっかりした肉質を感じる取れる火の通り具合が最高

(ベーコンタップリ!)

ケンタケンタ

持ち帰りして、ビールと一緒に食べたくなりそうだね。

本当にそう感じさせるクリスピーベーコンでしたよ。

オムレツ


WasaBiWasaBi

2個も、3個も食べたくなるフワトロなオムレツでした。

もちろん、シェフが目の前で調理してくれます。

やはり、高級ホテルの朝食ではシェフお手製のタマゴ料理が楽しみの1つ。

サイコロ上にカットされた野菜ととろけるチーズをタップリと入れてもらい…。

ミサキミサキ

具材は全部入れてもらったってことね。

…そうです。(;゚Д゚)

(手早く調理!)

素材の味を楽しむために、ケチャップなどはつけずにプレーンのままがオススメ

チーズがトロトロに溶けてるアツアツなうちに食べちゃいましょうね。

サラダ


WasaBiWasaBi

シャキシャキと新鮮だなぁ~。
サラダでお腹が膨れちゃうよ。

葉っぱ物が大振りで、口に入れると「シャキシャキシャキ」と歯ごたえ十分。

白いイタリアンドレッシングとの相性が良かったかな。
ミサキミサキ

グリーンオリーブとピクルスがあるの?

そうなんです。

葉物だけではありませんでしたよ。

(サラダコーナー)

ケンタケンタ

でも、品数は多くはないんだね。

ちなみですが、日本でよく見かけるキャベツの千切りはありません。

フランス式野菜グラタン


WasaBiWasaBi

初めて食べたけど、味は薄いんだなぁ。
食べ応えもあまり無いし…。

フランス式の野菜グラタンということで、マカロニは入ってません。

薄くスライスしたズッキーを重ねて並べ、チーズを降りかけて焼き色を付けています。

初めてみました、この料理。汗

(グラタンみたいですよね?)

見た目はお腹に溜まりそうなグラタン。
だけど、スプーンを差し込むとほとんどスープなんです。

青菜の炒め物


WasaBiWasaBi

このシャキシャキ感が大好き。

青菜の炒め物といったら、ニンニクが効いてる味を想像しませんか?

でも、にんにくや塩はほとんど効いてなくて素材の味を全面に出した青菜の炒め物。
ミサキミサキ

サッパリとお口直しに食べるのはいいかな?

そうですね、口直しくらいで食べました。

それくらいサッパリした味。

(盛り付けが上品です)

個人的にはニンニクがしっかり効いた青菜の炒め物が好きなのですが、今回は我慢です。

フルーツジュース


WasaBiWasaBi

どのジュースもドロ~ッと濃厚で旨い!

サッパリというよりか、ドロ~ッとかなり濃厚ジュース。
ケンタケンタ

グラスに注いであったジュースはなに?

ピンクグァバ」と「マンゴー」です。
両方とも熱帯っぽいジュース!

日本のホテルの朝食ビュッフェでは、なかなか見掛けませんよね。

(ズラリ!)

ミサキミサキ

ジュースの種類も色々とありそうね!

  • オレンジ
  • ピンクグァバ
  • パイナップル
  • トマト
  • マンゴー

どれも濃厚だったので、少しづつグラスにとってお気に入りを見つけてくださいね!

チーズ


WasaBiWasaBi

全種類をついつい手に取っちゃった…。

チーズの知識に乏しい私…カマンベールチーズくらいしか知りません。笑

ミサキミサキ

取り過ぎよ!

(チーズコーナー)

色々な種類のチーズを食べたい分量だけ自分でカットします。

フルーツ

WasaBiWasaBi

あま~い。
やはり熱帯のシンガポールだね。

どれも甘いフルーツでした。

  • パイナップル
  • みかん
  • マンゴー
  • ドラゴンフルーツ
  • すいか
  • メロン

ミサキミサキ

どのフルーツが美味しかった?

特に、パイナップルは日本よりも甘味が強かったですね~。

日本で食べ慣れているフルーツを食べ比べてみるのがオススメです。

きっと、甘さの違いに驚くはずですよ。

(ドッサリ!)

ケンタケンタ

随分と山盛りだね…。

中には、お皿山盛りにフルーツを取るお客様が結構いらっしゃるのです。
なので、フルーツが無くなるスピードが速いんですよ。(^^)/

日本食


WasaBiWasaBi

日本食のコーナーを久しぶりに見たなぁ。

日本のビジネスホテルではよく見掛ける光景ですよね。

しかし、シンガポールに在住してる私としては、このような朝食は嬉しいですね。

ケンタケンタ

いやいや、俺も嬉しいよ!
海外でも白飯食べたいもん。

そうですよね。

海外のホテルであっても日本食の朝食があるか?ないか?は大切なポイントです。

(日本食コーナー!)

WasaBiWasaBi

味噌汁の味付けが少し薄め…というか、かなり薄い。

もう少し濃い味噌汁が飲みたい!(日本の味に飢えてます…)

ミサキミサキ

でも、食べ放題の納豆あるよ!

これはポイント高いです!

納豆の食べ放題!
だって、シンガポールのスーパーで日本製の納豆は高価なんです。(3パックで200円を超えることも)

ちなみに、ご飯は少し硬めな炊き上がりでした。

可能ならば時間を多めに取ってゆっくり過ごそう。

ケンタケンタ

おいおい~、料理を取り過ぎじゃないの~?!笑

ミサキミサキ

2~3品だけと思ったんだけど、ついついね…。

ケンタケンタ

しかし、シャングリララサセントーサの朝食の品数は豊富だね。

ミサキミサキ

そうね。
ついつい、長居しちゃいそうよ!

もし可能ならば、時間を多めに取ってゆっくりと朝食を楽しんではいかがでしょうか?

ランチがお腹に入らなくなるほど、食べちゃうかもしれませんね!

コツとしては…

  1. この料理、美味しそう~!」って思ってもたくさんお皿に盛らない。
  2. まずは、興味ある料理を「少しずつ」食べてみる。
  3. そして「コレだ!」っていう料理をリピートする。
  4. 最後は、大好きになった料理で満腹に仕上げる

というパターンがコツです。


勝手に選んだ厳選10品

実はこれでも、まだほんの一部なんです。
それでは次に「え?これなに?」っていう変わり種を少しだけ紹介しちゃいます。

あなたのお腹に余裕があれば、ぜひ試してみてくださいね。



朝食で発見した変わり種メニュー

ん~、これはいったいどんな味だろうか…。

そんな料理も、朝食ブッフェにはチラホラ。

ミサキミサキ

お腹に余裕があれば食べてみるよ…。

では、いきます。

ワダ(南インド料理)


WasaBiWasaBi

ドーナツ?がんも…?

シェフ曰く「豆をペースト状にすり潰して、コネコネして揚げた」料理。
ソースにつけて食べるのだそうです。

名前はワダ

しかし、その味はなんともお伝えするのが難しい…。

口に頬張ると「外はサクサク、中はモッチリ」。
最初は何の味かはわからないけど、噛めば噛むほど「じゃがいもに近い味」が染み出てきましたよ。

(ゴロゴロ)

ミサキミサキ

見た目は甘そうなドーナツだよね。

でも、全く甘くないですからね…。

だけど、その味に慣れるとクセになりそうな予感。

ソースを付けるとソースの味が勝っちゃうのでプレーンで食べることをオススメします!

オタオタ(マレー料理)

ミサキミサキ

オタオタ?

はい、オタオタです。

オタオタとは…

  • 魚のすり身に香辛料や唐辛子を混ぜて…
  • コネコネしたペーストを葉っぱに包んで…
  • 焼き上げた料理です。

長いですね。(^_^;)

つまり、スパイシーな練り物料理ですね。

(中を開くと…)

モッチリしたすり身が登場。

そして、見た目の色がスパイシー!

パクッ!と食べると「ちょっと辛い…」。

でも、噛みしめていくと…。

WasaBiWasaBi

魚の味わいがだんだんと出てきて、日本のカマボコみたいでした。

(こんな風に陳列されています)

オタオタはマレーシアの屋台でよく売られている人気料理の1つなのです。

ぜひ、一度試してみてくださいねっ。

ZESTA(ゼスタ)のティー


WasaBiWasaBi

変わり種ではないのですが、予想以上に美味しい紅茶だったのでご紹介します。

朝食ブッフェを食べ過ぎて、ちょっと食事休憩したいときに絶対にオススメ。
手に取ってる人をあまり見掛けなかったけど、これはオススメだなぁ。

食べ過ぎた胃腸に染み渡る紅茶。

スッキリしたお茶で美味しかったですよ。

(スペースも結構広く取られています)

紅茶の裏面を見るとスリランカのお茶ということがわかりました。

調べてみると「ゼスタ」と言ってスリランカでも有名とのこと。
日本では、なかなか見掛けないお茶をシンガポールで楽しるとは、オトクな気分でした。

ミサキミサキ

そうそう!
ホテルの場所ってどこ?


ということで、ロケーションです。^^

ロケーション

住所:101 Siloso Rd, 098970

料金・口コミ・宿泊予約:

agoda / シャングリラセントーサ


Expedia / シャングリラセントーサ



それでは最後に、まとめてみました。

Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン

楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどのセットクーポンもあるのでうまく活用しちゃいましょう!!


Voyaginのシンガポール観光割引クーポン

楽天グループVoyaginではシンガポールの観光地やセントーサ島のアクティビティのチケットが割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。





まとめ(料理のスライドショー付)

  • シャングリララサセントーサの朝食ビュッフェは品数が豊富
  • 厳選した10品以外にも、料理はたくさんあります。
  • 興味ある料理をちょっとずつ食べて、気に入った料理をリピートするのがコツ。
  • シェフが作る卵料理は必須で食べましょう。
  • クリスピーベーコンがイチ押し。
  • お腹に余裕があれば、変わり種料理にもチャレンジしてみては?
  • 食事休憩をするときは、ZESTA(ゼスタ)のお茶で一休みしましょう。

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございます。

ついつい、シャングリララサセントーサの魅力満載な朝食をあなたに伝えたくて長くなってしまいました。
ミサキミサキ

最初の方の写真を忘れちゃったよ。

最後に、料理の写真をスライドショーにまとめておきます!

(どうぞ!)

それでは、シャングリララサセントーサでの朝食タイム、ゆったり過ごしてくださいね。

















他にも記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄り頂けると嬉しいです。^^