シンガポールのオーチャード地区のホテル。オススメの穴場はココ?!

美咲美咲

シンガポールのオーチャード地区のホテルでオススメはどこ?

翔太翔太

オーチャード地区には有名なホテルがいっぱいだもんね。

美咲美咲

有名なホテルよりも穴場なホテルがいいな…。

翔太翔太

シンガポールのオーチャード地区に、穴場なホテルはあるの?


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

シンガポールオーチャード地区にはホテルがたくさんあって悩んじゃいますよね?

ヒルトンやグランドハイアット。

そして、スターウッドグループのセントレジスまで。
美咲美咲

…やっぱり悩むよ。

それが実は、有名ホテルが多いオーチャード地区で、穴場なホテルを発見しちゃいました。
日本で言うとデザイナーズホテルといった感じ。

しかも、日本人向けなホテルなのでは?と感じた設備もあったのです。
ということで今回は、土日にオーチャード地区をぷらぷらしていたときに見つけた穴場なホテルをあなたにご紹介します。

それでは、さっそく行ってみましょう!





シンガポールのオーチャード地区のホテルは「クインシーホテル(quincy hotel)」

美咲美咲

クインシーホテル??

はい、クインシーホテル(quincy hotel)といいます。

ホテルの外観からして、デザイナーズホテルの雰囲気。
ホテル外観の上層階に出っ張った部分があるところがわかりますか?
翔太翔太

右側に少し出っ張ったところだよね?

そうです。

これはナント、プールなんですよ!
…(;゚Д゚)!!

日本では考えられない造りですよね。

ロビーはアートな雰囲気。

クインシーホテルのロビーには色々なオブジェがあってアートな雰囲気

美咲美咲

ついつい、手に取ってみたくなっちゃうね。

他にもオブジェがあるので、ぜひ探してみてくださいね。

(コチラがロビー全体)

でも、クインシーホテルのロビーは決して広くないのです

WasaBiWasaBi

え…こんなに狭いの?

というのが第一印象。

団体のお客様のチェックイン向きではないロビー。

ということは、そもそも個人客をターゲットにしているのかな…?

だけど、天井が高く、色調が白なので全体的に開放感はありました

ロビーの狭さを感じさせないような工夫がされているんでしょうね。

さぁ、それではお部屋に向かいましょう~。

オーチャード地区「クインシーホテル」の部屋を調査!

美咲美咲

大人びたスタイリッシュなデザインね。

ベッド廻りはブラウン系な色調で、落ち着いた雰囲気。
落ち着いたデザインの中にも、スタイリッシュさを感じさせますよね。

ちなみに、今回の部屋は「スタジオルーム(Studio Room)」。

WasaBiWasaBi

部屋に入った瞬間「広い」というより「カッコイイ!」と感じました。

窓側には、ベンチソファも備え付けられてて寛ぐには快適です。

ベッドの真正面に壁掛けテレビ

美咲美咲

これなら、ベッドに寝ながらテレビを見れるね!

ベッドだけでなく、ベンチソファからでも見れますよ。(^_-)-☆

しかも、横一面に貼られた鏡をバックに壁掛けしているのがデザイナーズホテルっぽい。

そうそう。
デスクの奥行きは狭かったです

ラップトップパソコン1台くらいならば全く問題ない大きさのデスク。

だけど、書類を広げて「バリバリと仕事するぞ~!」っていうのは厳しい広さだと感じましたよ。

国際電話も無料のフリースマホ

美咲美咲

国際電話も無料?

シンガポールのホテルで時々みかけるのですが、とても便利ですよね!

ネットも国際電話も無料で使えるフリースマホ

思う存分、使い倒してください!

冷蔵庫の飲み物もが無料。もちろんお菓子も!


翔太翔太

この飲み物が無料なの?
あとで請求されないよね?

ご安心ください!

冷蔵庫のドリンクは無料です。

このドリンクの多さ。

これ全部、コンビニで買ったら軽く1,000円は超える値段ですよ。(;゚Д゚)
ちなみに、クインシーホテルの周辺にはコンビニはありません。
なので、ドリンク無料は本当にありがたいサービスですね。

(コチラも無料!)

机の引き出しを引っ張ると茶器セット一式がズラリ!

美咲美咲

このお菓子とお茶も無料なのかしら?

ドリンク同様に無料ですよ。

黄色い袋はアメリカ産Laysというブランドのポテトチップス。
塩味で薄くスライスされてるチップスが美味しいんです。

WasaBiWasaBi

シンガポールに住んでから、このポテトチップスを1番多く食べてます。

ナイトテーブルにはアイマスクが設置

美咲美咲

日本のホテルでアイマスクがあるホテル、見たことないわ!

こういうさりげないサービスも穴場な感じがしませんか?
デザイナーズホテルっぽいですよね。

…いかかがでしょうか?

シンガポールオーチャード地区にあるクインシーホテルの部屋。
クインシーホテルの魅力はまだまだ部屋だけでは終わりませんよ!

それでは、続いて浴室を覗いてみましょう~。

オーチャード地区「クインシーホテル」の浴室を調査!

バスタブ発見です!

日本人にとっては必須アイテム。(^^)/

歩き回った1日の疲れを癒すためにも、シンガポールでもお湯にゆっくり浸かりたいですよね。

実は私、シンガポールに住んでから、ほぼ毎日バスタブに浸かることなくシャワーだけなんですね。

WasaBiWasaBi

もう慣れましたが、シャワーだけって疲れが取れないことあります。

美咲美咲

ところで、クインシーホテルでは、体はバスタブの中で洗うの?

(じゃ~ん)

それが、湯船だけでなくシャワーブースまで付いてるんですよ~。

しかも、レインシャワーまでも。
WasaBiWasaBi

そんなに広くない浴室なのに、バスタブとシャワーブースを上手に設置して機能的な浴室だと感じました。

さらに、トイレに目を向けると…。

(。´・ω・)?…はて?これ、ナニ?

海外版お尻を洗える機械?

美咲美咲

便器の横に付いてる捻るツマミはなに?

(取扱説明のシールを見つけました)

ウォシュレットの使い方って書いてあるけど…。(;゚Д゚)

美咲美咲

ポチッ!ってボタンを押すんじゃないの?

ホテルの人に聞くと、どうやら座って右側にあるツマミを捻ると水でお尻を洗えるそうです。
海外版…(;゚Д゚)

でも、この海外版お尻洗える機械があるだけでありがたいですね。

いやはや、バスタブといい。
トイレといい。

日本人向けじゃないですか~。

ニューヨーク発のブランドアメニティー

美咲美咲

ミニボトルのシャンプーが可愛い~。

ホテルの人も自慢気にしていたブランドアメニティー。

気になるそのブランドは「LE LABO(ル ラボ)
ニューヨーク発の香水ブランド。

高級ブランドアメニティーですね。

せっかくなので、余ったら持って帰りましょう。(#^.^#)

さぁ、最後に建物から飛び出ていたプールに行ってみませんか?
実は、そこにもシンガポールのホテルでなかなか見掛けない設備があったのですよ!



オーチャード地区「クインシーホテル」のプールを調査!

プールからは、シンガポールのオーチャードのビル達を一望。

でも、屋上にあるわけではないので、日焼けができないことが残念かな。

どうしてもプールで日焼けがしたいんだ!

という場合には、ここのホテルは避けた方が良さそうです。

(ジム)

広くはないけどランニングマシンバイクなど体を動かすには十分な設備が整ってますよ。

美咲美咲

ところで、なかなか見かけない設備って何のこと?

そうでした!

コチラです~。

(ババ~ンッ!)

ドライサウナです。

観光で疲れた体を癒すにはオススメの設備。

ドライサウナの設備があるなんて、とても貴重なシンガポールのホテルの1つですね。

(しかも、ジムのシャワーブースではLE LABOが使い放題!)

部屋の浴室にあった高級アメニティー「LE LABO」が使い放題じゃないですか!

WasaBiWasaBi

なんて、贅沢なホテルなんだろう…。

ミサキミサキ

ところで、ホテルの場所はどこ??


ということで、ロケーションです。^^

ロケーション

住所:22 Mount Elizabeth, Singapore 228517

料金・口コミ・宿泊予約:

agoda / クインシーホテル


Expedia / クインシーホテル


それでは、最後にまとめました~。


Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン
楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどのセットクーポンもあるのでうまく活用しちゃいましょう!!


Voyaginのシンガポール観光割引クーポン
楽天グループVoyaginではシンガポールの観光地やセントーサ島のアクティビティのチケットが割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。





まとめ

では、シンガポールのホテル「The Quincy Hotel(ザ クインシーホテル)」を勝手にまとめちゃいますよ~。

(クインシーホテルまとめ)

  • シンガポールオーチャード地区にあるデザイナーズホテルです。
  • ロビーは狭いけど、色調が白で天井も高く開放感あります。
  • お部屋はスタイリッシュなデザイン。
  • 部屋の冷蔵庫にあるドリンクは全て「無料」。
  • 浴室には「バスタブ」と「お尻が洗える機械」が完備。
  • アメニティーは高級ブランド「LE LABO(ル ラボ)」。
  • プールからはオーチャードエリアのビル達を一望。
  • だけど、プールは屋上ではないので日焼けはできません。
  • ジムに併設されている「サウナ」で1日の疲れを癒そう!

いかがでしたでしょうか?

シンガポールのオーチャード地区にあるクインシーホテル(quincy hotel)。

正直、驚きました…クインシーホテルのレベルの高さ。
限られたスペースながらも充実した部屋と浴室。

しかも、日本人が喜びそうな設備が整っているホテルがオーチャード地区にあったなんて!
WasaBiWasaBi

オーチャード地区の穴場なホテルじゃないかな…。

あ、あと!本当に最後にもう1つの情報。

見かけたお客様は欧米人が中心

この日は、日本人は全く見かけませんでした
シンガポールのオーチャード地区のホテルを「どこにしようか?」とお悩みのあなた。
オーチャードエリアにある「クインシーホテル(quincy hotel)」を候補の1つにしてはいかがでしょうか?!

それでは、シンガポールでの時間を楽しんでくださいね~。















シンガポールについては他にも色々な記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄り頂けると嬉しいです。^^

アドベンチャーコーブウォーターパークへ遊び行くことをご予定のあなたへはコチラの記事がピッタリ!)

ナイトサファリへの行き方情報をお探しのあなたはコチラの記事!)

チャンギ空港ターミナル1仮眠場所が気になるあなたはコチラ!

ユニバーサルスタジオシンガポールへ行く予定のあなたはコチラをどうぞ!)

ガーデンズバイザベイへの行き方を知っておきたいあなたはコチラへ!