ミサキミサキ

セントーサ島のどのホテルでアフタヌーンティーする?

ケンタケンタ

Wホテルシンガポールはどう?
2021年に日本の大阪へ初進出するWホテル!

ミサキミサキ

そうなの?!
せっかくだから先取りしに行きましょ!

ケンタケンタ

そうしよ!
ところで…Wホテルのアフタヌーンティーはどんなのだろう?


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

Wホテルって、ご存知ですか?

スターウッドホテル系列のデザイナーズホテル。

なんといっても、ホテル中が斬新なアートがいっぱいなのです。
アートなWシンガポール。アフターヌーンティーはどんなのだろ?
って少し気になりませんか?

さらに、これから日本に進出するホテルという点にも興味津々。

ということで、子連れで行って来ました、Wホテルシンガポールのアフタヌーンティ!
それでは早速、写真を多めに掲載してアフタヌーンティーを隅から隅まであなたにお届けしていきますね。




Wホテルシンガポールのブログ~アフタヌーンティー編~

Wシンガポールのアフタヌーンティーは「Woo Bar」というバー。

インテリアのテーマは鳥かご

天吊りの鳥かごソファ…すでにアートが推し出されてますね。

(天井の照明も鳥かご風)

ケンタケンタ

徹底的なこだわりだな…。

これはアフターヌーンティーも期待しちゃいますね!

アフタヌーンティーも3段トレーの鳥かごだった

ミサキミサキ

鳥かごスイーツ、かわいいっ!

Wシンガポールのアフタヌーンティーは鳥かごを半分に切ったスタイル。
大きな鳥かごディスプレイに、小さくて可愛らしいスイーツが宝石のようですね。(^-^)

1番下のトレーにあるスイーツ

コチラの5種類

気になるスイーツはありますか?(^-^)

(私が気に入ったのはコレ!)

WasaBiWasaBi

マシュマロにチョコを掛けて、固まらせただけなのになんでこんなに美味しいんだろ…。


ただ者ではないぞマシュマロチョコ!

そして、ココにもアートを発見~。

(じゃ~ん)

注射器型スコーン用ソース!ズブッ。

ソースの味は…。

  • サワーソース(白)
  • マンゴーソース(黄)

(注射器は日本製?)

ミサキミサキ

ん~!?
注射器にNIPRO(ニプロ)ってあるけど日本製?

こだわりが見えるリアルな注射器ですね~。

ところで、見ためがかわいらしいブルーベリーのスコーン。

味をあまり感じないのです…(;゚Д゚)!!

(なのでソースは必須アイテム!)

スコーン自体はしっとりしてて、食べ応えありましたよ。

(銀色の小鳥はお菓子じゃありません)

しかし、この小鳥ちゃんは首が動く構造になっているのに電池切れ

子供が手動で小鳥の黒いクチバシをパクパクさせて「チュンチュン」言ってました。(;゚Д゚)!!

ということで、2段目いきます。

2段目のトレーにあるスイーツ

クッキーやマカロンなど色々なタイプのスイーツ。

1番下のトレーに比べると、彩りも豊かですよね!

(やはり気になるのは…コレですよね!?)

ミサキミサキ

マカロン献血されてるわ~。

これもWホテルシンガポールのアフタヌーンティーアートの1つ。

気になるお味はマカロン・ラズベリーソースともに濃厚な味。

(そして、もう1つ気になったのが…)

ケンタケンタ

もち米の上にある黄色いのってなに?


…栗?

ここ最近、栗を丸ごと食べてない私は「ホクホクの栗」であることを猛烈に期待

パクっ!って食べるとムチュ!っと柔らかい…マンゴーでした。

ほのかに甘いマンゴー。
そして、もち米風な米は素材の味。(本物のもち米かは疑問…)

さらに不思議なことに、ピンクペッパーのフレーバーとの相性がマッチ。
この1粒のピンクが調和を取ってる不思議な食べ物でしたよ。

さぁ、最後の最上段です。

1番上のトレーのスイーツ

といっても、1種類。

ハンバーガーに似せたストロベリースイーツです。

ごめんなさい、こちらは子供と妻に食べられちゃいまして…。
見た目だけのレポートです。汗

全10種類のスイーツでした。

でも実は、これ以外にも食べ物系があるんですよ。

(アフタヌーンティーには軽食もついきます)

スイーツを食べている最中に肉系の軽食が出てきた驚きました!

でも、かなり嬉しい悲鳴。笑

しかも、ボリューム満点で美味しそうですよね?!

(写真の右から)

  • クラブミートのコロッケ
  • ダックミートの揚げ物ボール
  • パンにコーンビーフ系が乗ってる(料理名を忘れました…)
  • ビーフソーセージ
  • キュウリサーモンのクリーム和え

おもいきりお腹いっぱになりましたよ。(^^)/

何しろ、サーモン以外は1つ1つが肉系です。

さらに、肉の味がしてジューシー

(これが美味しかった~)

ビーフを細い繊維上にして寄り集めた肉の塊。(パン+コンビーフ)

肉のブロックとはまた違う肉の食感で、味わい深かったですね~。

(シンガポールでなかなか出会わないコロッケ系)

ガツン!と濃厚なクラブ(カニ)肉。

久しぶりに揚げ物系を食べました…。

(違う角度からパチリ!)

ミサキミサキ

ところで、ティー系は??

失礼しました!
実は、ティー系に驚いたことがあったのですよ。



WホテルシンガポールのアフタヌーンティーはTWG

もちろん、茶葉はTWG

珍しいことに、茶葉をディスプレイしてて「どんな茶葉をしてるのか?」見ることができるんですよ。

この日は他に茶葉を眺めている人はいませんでしたが、ユニークな案ですよね。

(土色で形が不揃いな茶葉)


(ブルーの葉っぱもチラホラ混ざっている細長い茶葉)

見た目で選ぶのも面白いかもしれませんね。



驚きはTWGの紅茶がおかわりできる

ドーン!

色がきれいですね~。

選んだ茶葉から、どんな色のティーが抽出されるかは提供されてからのお楽しみ。

ちなみにですが、おかわり無料でした。(;゚Д゚)!!

嬉しいですね!
ここぞとばかりに興味あるTWG紅茶を選んで飲んでしまいましょう~。

(コーヒーも飲みたくなったのでオーダーしたら…)

こちらも無料でもらえました!

あ、そうそう!

子供には…。

(リンゴジュース!)

頼んでないのに、コチラも無料でもらえました!

ミサキミサキ

飲み過ぎでしょ!笑

…(;゚Д゚)!!

(ちなみにですが、座った座席がコチラ)

個人的には、座り心地があまり良くなかったです。

クッション性が少ないし、背もたれが低いのでリラックスできるソファではなかったかも。

(机も小さい)

机も3人だと若干、小さめに感じます。

紅茶のソーサーも乗せると机の上がパンパンになってしまいました。

音楽は、かなり元気ある曲が流れてましたね。(少しうるさいくらい)
まぁ、そのあたりはWホテルなので致し方ないですが…。

なので、ゆ~ったりとま~ったりとするにはちょっと合わないアフタヌーンティーかなと感じました。

そうそう!

同じセントーサ島にある「ソフィテルセントーサのアフタヌーンティー」も記事にしました!

ぜひ、Wホテルシンガポールアフタヌーンティーと比較してみてくださいね。(^-^)

ソフィテルセントーサアフターヌーンティーも特徴的でしたよ。

では、最後「Wホテルシンガポールのブログ!!~アフタヌーンティー編~」をまとめました。





まとめ

  • Wホテルシンガポールのアフタヌーンティーは「鳥かご」がキーワード。
  • ちょっと笑えるアートが落とし込まれてるスイーツも発見。
  • スイーツ系は10種類で3段トレーの鳥かごで提供されます。
  • 肉系が中心のボリュームたっぷりな軽食5品も出てきます。
  • 紅茶はTWGで飲み放題!
  • コーヒーももらえました。

いかがでしたでしょうか?

Wシンガポールのアフタヌーンティー。

少しでもあなたのお役に立てていたら、嬉しいです。

そうそう、ここWホテルシンガポールはセントーサの1番東側にあるんですね。
なので、セントーサ島内のアトラクション地区と違って、孤立された雰囲気のリゾート感が楽しめます。

あれ?いま、シンガポールだっけ?

みたいな。
そんな中でのアフタヌーンティーも、きっとおすすめですよ。

そして、

今回のブログは写真が多かったもので、最後に厳選した10枚ほどをスライドショーにまとめておきますね!

(どうぞ!)

ロケーション



住所:21 Ocean Way,Singapore 098374
料金・口コミ・宿泊予約:

agoda / Wシンガポール


Expedia / Wシンガポール


最後にご参考まで…支払い金額です。

  • 2人で75.00SGD
  • アンケートのような書類を書いたら7.50SGD(10%)が値引きされました。(何かの会員登録かわかりませんでした。)
  • サービス料10% 6.75SGD
  • 税金7% 5.20SGD
合計 79.45SGD

それでは、Wシンガポールでのアフタヌーンティーを楽しんでくださいね!









Wホテルシンガポールについては他にも記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄り頂けると嬉しいです。^^

Wホテルシンガポール部屋の情報をお探しのあなたはコチラ!

Wホテルシンガポール朝食の種類に興味あるあなたはコチラ!

Wホテルシンガポール朝食全般を知りたいあなたはコチラ!

Wホテルシンガポールへの行き方を知りたいあなたはコチラ!

Wホテルシンガポールプールの情報をお探しのあなたはコチラ!

海外レストランをどのように予約すればよいか悩んでいるあなたはコチラの記事がピッタリ!)