ミサキミサキ

シンガポールってバスが多いね!

ケンタケンタ

そうだよね。でも、乗り方が全然わからなくて怖い…。

ミサキミサキ

番号の意味もわからないよね?

ケンタケンタ

バスの乗り方わからないし、やっぱりタクシーで行く?


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

おっしゃる通り、外国でバスに乗るってなんだか怖いですよね。

どこに連れられてしまうのか日本以上に不安になります。

「ここに行くつもりじゃなかったのに…」

「あれ?ここはどこ…?」
それどころか、バスに乗ったら余計な時間労力を使っちゃった…なんてこともあったり。
ですが、勇気を出していざ試してみると「ナント!慣れると便利!」(*^-^*)
ミサキミサキ

そうなのね!でも乗り方は?料金は?メリットは?

と、そんなあなたの疑問を解消しちゃいます。

それでは今回は、シンガポールに住み始めた2ヶ月はビクビクしながらバスに乗っていた私が「シンガポールのバスの乗り方」についてご案内しますね。

それでは一緒に乗車しましょう~。





シンガポールのバスの乗り方ナビ


ミサキミサキ

番号だらけのバス停看板だわ。

番号だけの看板を初めて見たときはギョッ!としたもんでした。笑
でも、だんだんと慣れてきますからね。

今回は97番バスを参考にします。

(97番バスの路線図)

コチラのバス停は「bef Temasek Ave」。(赤の四角)

それぞれのバス停の名前と距離が書いてありますね。
ミサキミサキ

それじゃあ、紫の四角で囲まれているマリーナベイサンズまで行ってみよう!

ケンタケンタ

でも、料金はいくらなの?


実は、シンガポールのバスは目的地までの距離によって料金が異なるのです。
ミサキミサキ

マリーナベイサンズホテルまでは写真の紫部分で3.4kmだったね。

距離と路線図の下段にある料金を確認しましょう。

ということで、大人は3.3-4.2kmに該当して0.87SGD

ところが、料金の支払い方によって金額が変わってくるんです。

そして、0.87SGDEz-Linkカードで支払った場合。

もちろん、現金で支払うこともできますが、

  • Ez-Linkカードより現金支払いの方が料金は高い。
  • お釣りがでない。(なので、料金以上の小銭を支払う必要がある)
  • 乗車するたびに、小銭を準備するのが面倒。

ということで、だんぜんにEz-Linkカードの利用をオススメします。

※地下鉄MRT・バスが乗り放題のシンガポールツーリストパスも使えますよ。

97番バスが来ました。バスへ合図しよう!


ミサキミサキ

えっ?勝手に停車しれくれるの?

コチラから合図をしなければ、停まってくれません。

(合図の仕方)

  • 地面と水平に腕を横に上げる。
  • 「はいっ!」という感じで手を上げる。
  • 「停まって!」というように腕を前に突き出す。

よくよく観察すると、腕を横に上げる人が多いように感じます。

だけど、バスの運転手に「運転手さん、私は乗りますよ」って合図を送れば大丈夫(^-^)

乗車は前の扉から。

無事、バスが停車~。(*^^)v

ミサキミサキ

乗車は前からね。

後ろからは乗車できないのでご注意くださいね。(;・∀・)

先日、降車側の扉から乗車しようとしたおじ様が運転手に注意されちゃってました。(+o+)
ところが、降車時は「前扉・後扉のどちらからでもOK」なんですよ。笑
(厳密にはルールがありそうですが)

いよいよバスに乗り込みます。

Ez-Linkカードリーダーの下部分(黄色い四角)にタッチ。

ミサキミサキ

「ピッ!」って音がしたよ!

その音が乗車手続き完了のサイン。
ケンタケンタ

げっ!現金しかない!

そんな場合は、

  1. 停留所にある案内看板で見つけた降車駅名を運転手に伝える。
  2. 金額を言われるので、その分の小銭を投入。
  3. チケットが発行される。

という流れ。

ちなみに、カードリーダーの右側のオレンジ色の箱小銭入れ

若干、日本のバスと似てますね。笑

そして、チケットが運転手さんの後ろ側のボックスから発券

ミサキミサキ

このチケットはどうすればいいの?

入手したチケットは、降りるときに運転手さんへ渡す必要もなく、そのまま保管。
でもやっぱり、Ez-Linkカードでの乗車をオススメですね。

バスの種類は3つ。

さて、お金を払ってバスも出発です。

ミサキミサキ

2階建てバスは日本で見かけないね。

ちなみにですが、バスの種類は

3種類。
  1. 通常バス
  2. 2階建てバス
  3. トロリーバス(連結バス)

どのバスにあたるかは、その時のお楽しみですね。

さぁ、窓から景色を楽しみつつも、そろそろ目的地ですよ~。

車窓からの眺めを見ていると、目的地までもアッ!というま。

そんな私は、何度も目的地を通り過ぎたことも。汗

降車時はブザーを押そう。

降車するときは手摺りにあるブザーを押すのみ。

ミサキミサキ

これは日本と一緒なのね。

日本同様、至ってシンプルですね。
安全のためにも、バスが停車してから降車口に向かいましょう~。
さぁ、バスが目的地へ到着しましたよ~。

ここでも、再びカードリーダへEz-Linkカードをタッチ。

「ピッ!」
と、音がして料金が引き落とされます。
残額が画面に表示されるので、チェックしておきましょうね。

(シンガポールのバスについて、お役立ち情報を記事にしました)

それでは最後にまとめました。

Voyaginのシンガポール観光割引クーポン
楽天グループVoyaginでは

観光スポットやセントーサ島のアクティビティチケットも割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。





まとめ

  • シンガポールのバスは距離によって料金が変わる。
  • Ez-Linkカード利用の方が現金支払いより料金が安くなる。
  • 目的地に到達するバスの番号を探す(グーグルマップを利用するのが便利!)
  • バスを停めるときは、運転手さんに「乗りますよ!」の意思表示を手でする。
  • 乗車は前扉から乗る。
  • 降車は前扉でも後ろ扉でもOK。
  • バスの車体の種類は3つ。
  • 降車時はブザーを押そう。

いかがでしたでしょうか?

ここまで読んでくださって、ありがとうございます。
シンガポールのバスの乗り方、慣れてしまえば簡単そうですよね。

もうお気づきかもしれませんが、シンガポールのバスは安いのです。

1回のって数十円レベルですから積極的に乗ってみましょう。
シンガポールに住んでる私は、地下鉄MRTよりバスの方が便利。
ミサキミサキ

え?なんでなんで?

バスの色々なメリットについては別記事にまとめてみましたので、よろしかったらご覧くださいね!(^o^)

今回の乗り方ナビの記事をご覧いただき「よしっ!バスに乗ってみよう。」とあなたが思ってくれたら嬉しいです。
なんといっても、バスを活用することでシンガポールでの過ごし方の幅が広がるはず。

それでは、バスを使ってシンガポールの時間を満喫してくださいね!

















ご参考までに、人気記事TOP10です。
もし、ご興味がある記事ございましたら、お立ち寄り頂けますと嬉しいです。^^



1位

2位

3位

4位

5位

6位

7位

8位

9位

10位