ホテルマイケルの朝食のビュッフェはどんなの?

はたして和食系はあるのだろうか?

子供にも食らべれる料理はある?

こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

ホテルの朝食ビュッフェ。

海外旅行の楽しみの1つですよね。
しかも、ホテルマイケルはリゾートワールドセントーサ系列のホテル。
あなたの期待は高まるばかり?!

私の場合、早起きしたのに「残念な朝食ビュッフェ」だと少しグッタリします。(>_<) [br num="1"]
ということで、今回はホテルマイケルの朝食ビュッフェを実食調査してきました~。

さっそく、ホテルマイケルの朝食を見ていきましょう!





ホテルマイケルの朝食ブッフェを実食調査

場所は「Fratelli(フラテッリ)」。

ランチやディナーは高級イタリアンレストランです。

ビュッフェの料理はシンプルなラインナップ

朝食の料金は1人あたり27.00SGD(税・サ込)

(ちなみにですが、お子様はお1人=13.50SGD(税・サ込)です。(*^_^*) )
WasaBiWasaBi

料金からしてそこまで豪勢な朝食ビュッフェではないだろうな…。

と予想通り、シンプルな朝食ビュッフェでした。

可もなく不可もなく…というラインナップ。

でもしかし、料理の見せ方が素晴らしくと~っても上手なんですよ!

(シャキーン!)

アイアイ

フライパンをお皿代わりにしてるなんてオシャレですね。

(バシューンッ!)

マコトマコト

照明をしっかり当てて、料理を引き立ててるな~。

料理ラインナップは朝食ブッフェで見かけることが多い料理なのですが、食欲を湧かせてくれる料理の見せ方が上手に感じましたよ!

(ドカッ)

パンは甘めなものが中心。

もちろん、食パン系やクロワッサンもありましたよ。

(ドン!)

アイアイ

イタリアンのフリッタータね!でも具材が少なくない?

シンプルな朝食ラインナップなので…。

(ズラリッ)

シンガポールに住んでから、大好きになったドラゴンフルーツもしっかりとありました。

和食はありませんでした

だけど、残念ながら和食系はありません。

味噌スープ…塩味を感じたかったのに。(+o+)

(どうしても、ご飯が食べたいときは…)

という場合はお粥になっちゃいます。

ミサキミサキ

そうそう!
シェフが目の前で作ってくれるタマゴ料理はあるのかしら?

もちろん、あります!
でも、ちょっとそれが残念な点があったのです。(;・∀・)

エッグステーションが目立っていない

とにかく目立っていないのです。

あれ?スクランブルエッグ作ってくれるの?

私がオーダーをしているのを目撃して、日本人ご夫婦が会話しているのが聞こえたくらいエッグステーションが目立たないのですね。

もったいない!

(カタカタカタ…)

マコトマコト

調理パフォーマンスがお客様に見えてないよ…。

そうなんです。

キッチンの構造上、エッグステーションでの調理パフォーマンスを見せることができないのです。
なので、オーダーするとシェフは後ろを向いて、地味に調理。

(ということで、あっという間に提供~)

オムレツ!(具材全部入り)

WasaBiWasaBi

トローリなチーズを感じないっ。
もともと入ってないのかな?

(プリプリッ)

サニーサイドアップ!

軽く両面を焼いてもらった目玉焼き。

上手に作ってくださいました。(^-^)
目立ちませんが、ホテルマイケルでシェフの手作りタマゴ料理は食べられます!

目立たないせいか、オーダーする方があまりいなかったのでバンバン!頼んじゃいましょう。

それでは次に、私が食べた料理を写真を中心にご紹介しちゃいます。



ホテルマイケルの朝食ビュッフェの料理写真

WasaBiWasaBi

ダラダラと食事して、2時間も居座っちゃいました…。

早速、ダダダァ~っと行きます!

▼サラダ

WasaBiWasaBi

ドレッシングはハニーマスタードをおすすめします。

シンガポールに住んでから、ハマってるドレッシングです!

(ずら~)

サラダの種類は同じ系列ホテルのハードロックホテルシンガポールより多かったです。

▼ポークベーコン

WasaBiWasaBi

私の好みのカリカリクリスピー系だ!でも、ちょっと塩っけが強いかな…。

シャングリララサセントーサのベーコンの方が肉の味わいが深くて美味しかったです。

(モリモリモリ~)

ベーコンの盛り付けはやっぱり山盛りがいいですね!

▼モルタデッラハム&スモークサーモン

WasaBiWasaBi

モルタデッラ?グーグルで調べないと…。

どうやら、イタリアのボローニャという場所の特産で豚肉のハム。

(ピンク色のハムがキレイです)

でもね、コレ、結構いけますよ!

薄くてアッサリしたお味でオススメです。

何枚でも入っちゃいそうだったので、自制したくらい!笑

▼スクランブルエッグ&ローストポテト&チェリートマトの炒め物

WasaBiWasaBi

バジルが効いてるチェリートマトがオススメかな。

盛り付けが…。

(ゴロゴロ…)

(ゴロゴロゴロ…)

(ドーン!)

スクランブルエッグがテンコ盛り

どれも、色がツヤツヤしててキレイですね~。

▼お粥

WasaBiWasaBi

クセが無くて食べやすかったです。

(お粥、タプタプ)

ハードロックホテルシンガポールの朝食で食べたお粥は、ちょっと口に合わなかったけど今回は完食できました!

真っ白なお粥が、唯一の和食替わり。

▼パン

WasaBiWasaBi

シンガポールでパンを食べるなら、カヤジャムを塗ることをオススメします。

(ドンッ)

4種類のジャムがたっぷり付け放題。

(ちなみに、写真の左下がカヤジャムです。)





【プチ情報】ホテルマイケルの朝食を食べながら気が付いたこと

ここからは、完全な経験談からのプチ情報です。

以前に、私はハードロックホテルシンガポールに宿泊して朝食を食べたことがあります。

朝食ビュッフェの値段は同じでした。

なのでもし、あなたが…

  • 宿泊はハードロックホテル。
  • 朝食無しプラン。
  • 朝食は別料金を払ってハードロックホテルで食べようかと考えている。
ならば、朝食だけは同じ値段のホテルマイケルまで行ってもよいかもしれませんね。
ランチ・ディナーは高級イタリアンとなるので、やはりレストラン内部の雰囲気が断然良いです。

(クール!)

カッコイイですよね。

味付けもホテルマイケルの朝食ブッフェの方が良かったです。
そして、料理の基本メニューも一緒なのですが、ホテルマイケルの「Fratelli(フラテッリ)」が全体的に上と感じました。
(実は、ハードロックホテルでは「うわわ。これはちょっと口に合わない」という料理がチラホラあったのです。)

なんといっても、同じ料金ですので少しでも美味しい朝食の方が良いですもんね!

(大人27.00SGD/子供13.50SGD(税・サ込))

マコトマコト

ところで、ホテルの場所はどこにあるのかな?


ということで、ロケーションです。^^

ロケーション

住所:8 Sentosa Gateway, 098269

料金・口コミ・宿泊予約:

agoda / ホテルマイケル


expedia / ホテルマイケル



それでは、ホテルマイケル朝食ビュッフェについてまとめました。


Voyaginのセントーサ島アクティビティ割引クーポン
楽天グループVoyaginではセントーサ島のアクティビティに関するチケットを割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できてとても便利。
USS、アドベンチャーコーブウォーターパーク、シーアクアリウムなどのセットクーポンもあるのでうまく活用しちゃいましょう!!


Voyaginのシンガポール観光割引クーポン
楽天グループVoyaginではシンガポールの観光地やセントーサ島のアクティビティのチケットが割引率良く入手できます。

印刷不要なクーポンを、当日現地でもすぐ発行できるのでとても便利。





まとめ(営業時間やスライドショー)

図々しくも2時間かけてゆっくり食べたホテルマイケルの朝食をまとめました

  • 朝食はシンプルなラインナップです。
  • 料理の味は可もなく不可もないですが、お店の雰囲気は良いです。
  • 料理の見せ方がとても上手。オシャレ!
  • エッグステーションは残念。シェフの調理パフォーマンスが見れない。
  • ハードロックホテルの朝食と同じ値段です。
  • 同じ料金を払うならば、ホテルマイケルでの朝食を選ぶのもアリです。

いかがでしたでしょうか?

ホテルマイケル朝食ビュッフェ

少しでも、あなたの参考になっていたら嬉しいです。
ちなみにですが、営業時間は7:30~10:30

この日は、終始「満席でパンパン!」となることはなく、混雑時でも50%くらい

(日曜日の朝でした)
ミサキミサキ

ところで、何が1番オススメですか?

う~ん。

モルタデッラハムかな。(舌を噛みそうな名前)
今回の記事は写真が多めだったので、10枚ほど選んでスライドショーにしておきますね!

(どうぞ!)


それでは、ホテルマイケルでの朝食を楽しんでください~。(#^^#)















セントーサ島については他にも記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄り頂けると嬉しいです。^^

セントーサ島ホテルをお探しのあなたはコチラ!

セントーサ島ビーチトラムバスのことを知りたいあなたはコチラ!

セントーサ島リュージュを楽しもうかと考えているあなたはコチラ!

セントーサ島への行き方をケーブルカーでお考えのあなたはコチラ!

セントーサ島ビーチに行きたいあなたはコチラ!

ユニバーサルスタジオシンガポール混雑が心配なあなたはコチラ!



コメントを残す