ミサキミサキ

シンガポールのローカルフード「醸豆腐(ヨントーフ)」って知ってる?

ケンタケンタ

調べてきたよ!
シンガポール風おでんみたいのでしょ?

ミサキミサキ

シンガポールの醸豆腐(ヨントーフ)は野菜や麺の種類を自分で選ぶらしいよ。
ローカルフードらしいよね!

ケンタケンタ

野菜もバイキング?
シンガポールの醸豆腐(ヨントーフ)をもっと知りたいなぁ…。


こんにちは。シンガポールに住むアラフォー会社員のWasa-Biです。^^

シンガポールローカルフード醸豆腐(ヨントーフ)ってご存知ですか?
おでん、野菜バイキング、名前が豆腐…いったいなんのこっちゃ?な料理ですよね!?
実はそれが、日本人の味覚に合う料理。
もちろん、シンガポールの方もだ~いすき。
私自身、シンガポールに住んでから醸豆腐(ヨントーフ)と出会ったのです。

これがなんとドハマり!

ということで今回は、シンガポールのローカルフード「醸豆腐(ヨントーフ)」をご紹介!

シンガポールに旅行中に一度は食べて欲しいローカルフードです。(^-^)
それではさっそく、いってみましょう!





シンガポールのローカルフード「醸豆腐(ヨントーフ)」とは?

醸豆腐(ヨントーフ)は、ずばりバイキング型おでん&野菜ヌードル笑。(*^-^*)

ケンタケンタ

なんじゃそりゃ?

シンガポールのフードコートホーカーズに行くと上のような写真の光景を発見したら…そう!そこは醸豆腐(ヨントーフ)のお店!
醸豆腐(ヨントーフ)とは、自分で野菜や魚の練り物、豆腐など好きな具材を選んで、店員さんにグツグツと湯がいてもらったあとに、スープと麺に合わせて食べる料理!
ということで、具材と麺の種類もチョイスできちゃう自分好みな1品を作れるシンガポールのローカルフードなんですよ~。

シンガポールのローカルフード「醸豆腐(ヨントーフ)」の完成写真

じゃん!

ミサキミサキ

なんか見た目が悪くない??
麺見えないし…。

写真がちょっと悪かったかな…のちほどもう1枚、別の醸豆腐(ヨントーフ)の写真をお見せします!m(__)m

だけど、お店によってはランチタイムに行列。

10人待ちは当たり前…ということもあるんですよ。

まず、数十種類ある具材からお好きな物を選んでグツグツ湯通し。

麺とダシの効いたスープにドサッ!と乗せて一緒に食べちゃうヌードル。
ケンタケンタ

いったい、どんな具材がのってるの?

それでは、具材の一部をご紹介しちゃいます。





シンガポールのローカルフード「醸豆腐(ヨントーフ)」の具材(一部)

早速いきます!

魚のすり身の海苔巻き

中央の赤い具材は、カニカマ

海苔の風味もシッカリ。

それにしても、しっかり手が込んでる具材ですね。(^-^)

魚のすり身を挟んだ豆腐

見た目にも可愛らしいですね。

ちょっと粗越しな豆腐だけど、日本の豆腐より大豆の味がするので大好き。

魚のすり身を詰めた瓜

なんと、瓜といっても苦瓜…(;・∀・)

あまりの苦さに半分しか食べれませんでしたよ。

魚のすり身を楽しむこともできず、とにかく苦い1品。笑

ニラ入り餃子

とはいっても、そこまでニラの香りは強くありませんでした。

日本の水餃子を小振りにした感じでオススメ

フィッシュボール

このプリプリした食感が堪りません!

日本のカマボコを丸くした具材。

あ~、久しぶりに日本のカマボコを食べた~っていう味覚でした。(*^^)v

この1杯だけでも色んな具材がのってることに驚きますよね。

でも、まだまだこれはほんの一部
ミサキミサキ

ほかにはどんな具材があるの??

そうですね…具材の棚の写真を取ってきました!

野菜系の具材

驚くことに、私がよく行くアイオン・オーチャードのフードオペラにあるお店では、約70種類の具材があるんですよ!(数えてみました…)

  • チンゲン菜
  • オクラ
  • 空心菜
  • トマト
  • 練り物を挟んだとうがらし(?)

など。

練り物系の具材

  • 厚揚げのようなもの
  • 餃子の皮をフライしたようなもの
  • 湯葉を揚げたようなもの
  • 魚のつみれ
  • 真っ白なフィッシュボール

まさに、日本のおでんを思い出しますよね。

まだまだあります、具材!

  • なすの素揚げ
  • ゆで卵
  • ソーセージ
  • 湯通しされた人参
  • 湯通しされたダイコン

こんなにあると悩んじゃいますよね?

ミサキミサキ

いったいどうやって注文するの?

おっしゃる通りです。(^_^;)

オーダーの仕方が、どこにも書いてないんです。
そんな私も、初めてヨントーフにトライするとき右往左往したもんでした。(◎_◎;)

それでは、ついでにオーダーの仕方も予習しちゃいましょう。



シンガポールのローカルフード「醸豆腐(ヨントーフ)」の注文の仕方

まずは、お店に整然と置いてあるトング空容器を手に取りましょう!
そして、お好きな具材をドンドン空容器に入れていきます。
あ!ただし!
お店ごと最低何個からというルールがあるのでメニューを見てくださいね。
ちなみにですが、ここフードオペラの醸豆腐(ヨントーフ)屋さんはというと。
  • ヨントーフ(具材は最低7個) 5.60 SGD
  • 追加具材1個につき 0.80SGD
  • 麺 1.00 SGD

だったなので、ヨントーフ(具材7個)+麺で6.60SGDといった価格ですね。

そして、醸豆腐(ヨントーフ)の醍醐味の食材選び。
思いっきり迷いに迷っちゃってください!(/ω\)

そして、迷いに迷った具材を空容器に入れてそのままレジへ。

1、2、3、4、5・・・・・

と、店員さんが具材を数えてくれたあとは麺選び
ケンタケンタ

え?
麺も選べるの?

そうなんですよ!
お店によっては、このように麺の種類が置いてあるのでわかりやすいですね。

(こちら!)

黄色い麺(イエローミー)ビーフン平たい麺など大体3~4種類ある場合がほとんどです。

個人的には、日本のラーメン風にしたいので黄色い麺(イエローミー)が好み。(*^_^*)
ですが、このような麺のサンプルがお店に置いてないこともあるんです。

そんな時は、

イエローミー!

とだけ言っています。(;・∀・)

食べ方は「ドライ」と「スープ」の2種類

麺を選択したあとには、どちらにするか聞かれます。
ミサキミサキ

ドライってなに??

ドライを選ぶと、麺はスープに入っていなくて、タレを合えて提供されます。
ただし、ドライはかなり辛いことが多いです。

最近は、私もようやくヨントーフのオーダーに慣れたところで、好きな具材をポンポンポ~ンッと丼に入れ、

イエローミー、スープ。

って、この2語だけを伝えてお金を払う。(;’∀’)
ってな感じでオーダーしちゃってます。
ケンタケンタ

よし!
これで注文の仕方はわかったぞ!
どんなヨントーフにしようかなぁ?

ということで、次に最近、私がはまっているヨントーフの具材フォーメーションをお伝えしちゃいますよ。笑(^-^)





シンガポールのローカルフード:私の醸豆腐(ヨントーフ)

ミサキミサキ

シンガポール風おでんって言ってたのに練り物が少ないんじゃない??

そうなのです。(/ω\)

でも行きついた結果、具材のフォーメーションのテーマはヘルシー。笑

野菜不足のときには、ピッタリのヘルシーヨントーフ!

そんな私の定番になってるヘルシーヨントーフの具材。(^^)/

(コチラです!)

  1. もやし
  2. チンゲン菜
  3. なすの素揚げ
  4. トマト
  5. 練り物の揚げボール
  6. 湯葉で包んだ餃子
  7. ゆで卵
  8. (塩っけが欲しい時には、プラスして乾燥のり)
  9.  +

  10. 麺(イエローミー)

そんなこんなで出来上がったMyヨントーフ!

(じゃん!)

いかがでしょうか?

このフォーメーションのヨントーフ。(^-^)
私は、ドライではなく必ず塩味のスープ。

そう、日本の野菜タンメンのようなイメージして作り上げてるんです。笑
ちなみにですが、ポイントはトマト
茹でられたトマトをスープの中でさらに潰すんです。
そうすると、トマトの果汁塩スープが混ざり合った爽やかな味に。

彩りも鮮やかになりますしね!

それでは、シンガポールローカルフード醸豆腐(ヨントーフ)をまとめてみました~。





まとめ

  • 醸豆腐(ヨントーフ)は、バイキング型おでん&野菜ヌードル
  • 数10種類あるお好みの具材を空容器に盛ろう!
  • 麺の種類は3~4種類から選べる。
  • ドライスープを選ぼう。
  • ヨントーフは人それぞれの好みによって変わるのでおもしろい。

いかがでしたでしょうか?

シンガポールのローカルフード醸豆腐(ヨントーフ)」
興味ある具材は見つかりましたか?

時折り、いつもと違う具材を選んでオーダーすることもあるんです。
そうすると、出てきたヨントーフが、

あれ、こんな見た目になるんだ~

という新たな発見もあって、おもしろいですよ。

 
それでは、シンガポールのローカルフード醸豆腐(ヨントーフ)」のお食事タイムを楽しんでくださいね~(^_-)-☆











シンガポールについては、いろいろな記事を書きましたのでよろしかったらお立ち寄りいただけると嬉しいです。(^-^)

(米朝会談が行われたカペラホテルに興味があるあなたはコチラ!

(シンガポールにあるユニバーサルスタジオミニオングッズに興味があるあなたへはコチラ!

(世界でもトップクラスのチャンギ空港!完成した新しいターミナル4に興味あるあなたはコチラ!

(物価が高い!と言われるシンガポールの物価に興味あるあなたはコチラ!

セントーサ島ホテルをお探しのあなたはコチラ!